画面サイズの変更

ドライアイの症状や治療について

岐阜県羽島郡岐南町下印食1丁目149-2

058-268-2828

ドライアイ

ホーム > ドライアイ

ドライアイについて

ドライアイとは、目を守るために不可欠な涙の量が不足したり、質が悪くなることで、目に均等に行きわたらなくなり、目の表面に傷がつく病気です。

  • 自覚症状
    眼の表面の異物感、乾燥感、不快感、眼が疲れる、まぶしい、見にくい、かすむ、等。
  • 涙液の異常
    ドライアイは涙分泌量が減ったり、涙の蒸発量が増えたり、涙の安定性が低下したりすることで起きると考えられています。
  • 角結膜上皮障害
    乾燥により眼の表面に傷がある状態。フルオレセインという染色液を使用し検査します。

2つ当てはまるとドライアイの疑い、
3つ当てはまるとドライアイと確定診断されます。

ドライアイの治療

点眼治療

まず眼科で行われるのが点眼薬による治療です。点眼薬にはいろんな種類があります。

ヒアルロン酸点眼液 人工の涙液にヒアルロン酸を保つ働きのあるうるおい成分を添加したものです。
【利点】
・さし心地良好
【欠点】
・特になし
ムチン点眼液
(ジクアス点眼液®)
P2Y2受容体に作用して、眼から水分、ムチンを分泌させます。
【利点】
・ヒアルロン酸点眼液と同等以上の効果有
【欠点】
・しみることがある
ムチン点眼液
(ムコスタ点眼液®)
黒眼や白眼の表面を治癒させる作用、そしてムチンを作るゴブレット細胞を増やす作用があります。
【利点】
・防腐剤が入ってなく眼に優しい
・一回使い切り
【欠点】
・やや苦い
・一時的に白くボケる
高濃度
ヒアルロン酸点眼液
ヒアルロン酸点眼液より濃度を高めより保水効果を持たせた点眼液。
【利点】
・ヒアルロン酸点眼薬よりうるおう
・使い切りタイプもある
【欠点】
・ややどろっとしている
自己血清点眼 人工の涙液にヒアルロン酸を保つ働きのあるうるおい成分を添加したものです。
【利点】
・重度のドライアイに効果有
・シェーグレン症候群に効果有
【欠点】
・採血や保存等が難しい

涙点プラグ

涙は1割が眼の表面から蒸発し、9割が涙点と言う目頭にある穴から涙小管という管を通って鼻へ流れていきます。

涙を増やすために涙の出口を塞ぐ治療。シリコンでできた矢印の形をした栓で出口を塞ぎます。
パンクタルプラグという、涙点にプラグの先を入れると先が膨らんで固定される画期的な涙点プラグが発売され、より安全にプラグを使うことが出来るようになりました。

涙点プラグ

キープティア

アテロコラーゲンという少し粘り気のある透明の物質を涙小管に注入し、アテロコラーゲンは固まることで涙の出口が塞がり、涙が増えドライアイが改善します。
ただアテロコラーゲンはおよそ2か月程度で溶けて吸収されますので定期的に注入する必要があります。涙点プラグより眼に優しい治療であるといえます。

キープティア

涙点閉鎖術

眼の涙の出口を焼いて塞いでしまう手術です。
効果は非常に大きいですが、元に戻すことができませんので最後の手段といえます。

日常生活の注意点

ドライアイにお悩みの方は自己の環境改善も考えましょう。
パソコンなどの画面を見る作業の多い方は、1時間に10分程度の定期的な休憩に心がけましょう。
パソコンや家のテレビ等自分の目線より下に設置しましょう。
また、眼鏡の装用や部屋の加湿も有効です。

診療時間

pagetop

診察時間

アクセス

詳細はコチラ

休診のご案内

眼の病気・治療について