画面サイズの変更

岐南眼科でよくあるご質問

岐阜県羽島郡岐南町下印食1丁目149-2

058-268-2828

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

白内障手術について
  • Q白内障手術は痛いですか?
  • Aいいえ、痛くありません。ほぼすべての人に点眼麻酔で手術をしているからです。麻酔は10秒で効きます。
  • Q術後にお仕事はできますか?
  • A仕事の内容に応じて安静の期間が変わります。汗をかかない事務仕事であれば術後3日目から可能です。汗をかく仕事は10日間はしないほうが安心です。
  • Q眼鏡なしで車の運転はできるようになりますか?
  • A可能です。手術前に眼に入れるレンズの種類を院長と相談し、最も見たい距離にピントを合わせます。
  • Q白内障手術で乱視は治りますか?
  • Aはい、治ります。乱視の原因は角膜乱視と水晶体乱視に分かれます。手術前にどちらが原因か精密検査をして、水晶体が原因であれば乱視は治ります。角膜が原因である場合は乱視矯正の眼内レンズを入れたり、乱視を減らす切開方法を用います。
  • Q白内障手術で強度近視は治りますか?
  • Aはい、治ります。強度近視を治す特殊な眼内レンズを使います。当院でたくさんの強度近視の白内障患者さんを手術しておりますが、みなさん強度近視が無くなって大変満足されております。
 
小学生、中学生の視力低下について
  • Q眼鏡やコンタクトレンズはいつからすべきですか?
  • A眼鏡は視力が0.7を切るようになったら使用すべきと考えています。コンタクトレンズは小学生では原則してはいけません。中学生になって、眼鏡を作った後にコンタクトレンズを作成するのが望ましいです。なおコンタクトレンズは長い時間使うと角膜内皮細胞が減少します。1日12~14時間の装用が限度です。角膜内皮細胞が減ると失明の原因になりますので当院ではコンタクトレンズを希望される患者さん全員に細胞の数を測定しています。
  • Q眼鏡をすると近視が進みますか?
  • Aいいえ、進みません。
  • Q眼鏡をして運動してもよいですか?
  • Aはい、よいです。顔面にボールが当たる状況を考えた時、眼鏡をしていない状態だと、眼球に直接ダメージがかかります。これは非常に危険な状況です。眼鏡をした状態だと、眼球に直撃しないため守られます。(鼻あてや耳は痛いかもしれませんが)現在の眼鏡のレンズはガラスではなく、プラスチック性が99%ですので、まず割れませんので、眼鏡をした状態のほうが安全であると院長は考えています。
  • Q近視の原因は?
  • A近視の原因は眼軸長(眼の長さ)が成長とともに長くなることが原因です。眼軸長の伸長の原因の一つとして遺伝があります。両親が近視の場合、子供が近視である確率はかなり高いです。
    知能指数と近視も相関関係があります。近視の人に頭が良い人が多いのです。外でスポーツをする子供は近視が少ないです。遠くを見ることは近視予防によいのです。 逆に近くのものを長時間見ることは近視の原因となります。1時間勉強、読書をしたら10分は外を見たり、歩いていろんな距離を見たり、ボーッとしたりするのが良いでしょう。
  • Q近視の治療は?進行は抑えれますか?
  • A小学生、中学生の近視の中に、仮性近視(調節緊張症)という一時的に近視状態になってる子がいます。したがって、ミドリンMといった点眼やワックという眼の筋肉をほぐすトレーニングで視力が戻る場合があります。
    近視の進行を抑えるのに有効な手段としてはアトロピンの点眼とオルソケラトロジーが近視進行抑制の証明された治療です。アトロピンの点眼は当院でも自費診療で行っております。(1本3000円 税込)オルソケラトロジーは日本ではガイドラインで10代には用いないよう明記されておりますので行うことにはリスクがあります。
 
アレルギーについて
  • Q目がかゆいです。市販のめぐすりや耳鼻科でもらった目薬が効きません。
  • A市販の目薬は2世代ぐらい前の目薬ですので効きは悪いです。眼科以外でもらったアレルギーの目薬が効かない場合もあります。これはアレルギーは患者さん個人個人で程度が千差万別であり、点眼を使い分ける必要があるからです。目がかゆいときは眼科に受診してその人に合った目薬をもらいましょう。
  • Qアレルギーの原因は分かりますか?
  • A採血で有名なアレルギーの原因を調べることができます。採血は5ccほどで、研究所から2日で結果が当院へ郵送されます。 採血するメリットはアレルギーの原因が、通年性か季節性かわかるということです。通年性のダニ、ホコリが原因であれば布団を外に干すよう指示します。季節性のスギ、ひのきなどの花粉が原因であれば布団を外に干すと症状が悪化します。したがって自分のアレルギーの原因を調べることは治療につながり大変有益なのです。
 
メヤニがでます
  • Qメヤニがでます
  • Aメヤニは性状によって原因がわかります。緑、黄色といった膿っぽいメヤニは細菌性結膜炎です。白色のメヤニはアレルギー性結膜炎です。透明のメヤニはウイルス性の結膜炎です。これは原則ですが、いろいろなメヤニがありますので一度当院へ来てください。
 
ゆがんでみえます
  • Qゆがんでみえます
  • Aゆがんで見えるのは要注意です。黄斑部という網膜の中心部に異常が起きている可能性があります。具体的によく診察する病気としては、加齢黄斑変性症、黄斑浮腫、黄斑前膜、中心性漿液性網脈絡膜症 でしょう。OCTという検査器械で15秒で診断できます。早めに眼科へ受診してください。
 
ゴミが飛んでいます
  • Qゴミが飛んでいます
  • A飛蚊症と考えられます。大半が加齢による後部硝子体剥離が原因ですが、まれに網膜剥離というレーザーや手術が必要な場合があります。また眼の中で出血を起こしている場合もゴミが飛んで見える場合もあります。はやめに眼科へ受診してください。
 
眼に良い生活
  • Q眼に良い生活は?
  • A紫外線を眼に当てないようにしてください。サングラスは大変有効です。ただし大きめのサングラスをしてください。斜めや横からの紫外線が入らないようにハイカーブレンズのサングラス(スポーツタイプのもの)が良いです。
    ビタミンCをたくさん摂取してください。当院でも自費で500円(一ヶ月分)ととても安価にお分けしています。
 
緑内障について
  • Q私は緑内障ですが、失明しないか心配です。
  • A緑内障はたちの良い緑内障、たちの悪い緑内障があります。たちの悪い緑内障は「視野が狭くなるスピードが早い」緑内障です。 当院ではハンフリー視野検査を定期的に行います。そして、平均偏差(MD)に注目します。MDは正常な人は0デシベル(dB)です。緑内障の患者さんは年間-0.5dB~-1.0dB低下していきます。そして-12dB以下になると日常生活に支障をきたすようになります。したがって点眼でMDの低下の速度を極力遅くして、将来-12dBに到達しないようにするのが治療方針となります。定期的に眼科に受診し、視野の進行(MDスロープという)を確認して治療方針を立てていけば失明することはまずないと考えています。
 
点眼について
  • Qスッとする目薬は処方してもらえますか?
  • Aメンソールの入った点眼薬は眼科の処方薬では存在しません。それは医学的に全く無意味な成分だから薬になっておりません。メンソールは使いはじめると麻薬のようにやめられなくなります。点眼薬の清涼感を求めて1日10回以上点眼する行為は無意味どころが有害です。点眼薬の防腐剤(塩化ベンザルコニウム)が角膜びらん(傷)を誘発するからです。メンソールの点眼薬は使わないでくださいね。
  • Q薬局の目薬をさしても効きません
  • Aはいその通りです。薬局の目薬は有効成分が時代遅れであったり、濃度が薄かったりして効きは悪いです。一例をお示ししますと、薬局の抗菌点眼にはサルファ剤が使われていますが、これは70年ぐらい前の薬で、大半の細菌は耐性を持っているため現在病院やクリニックで使うことはありません。また薬局の疲れ目点眼には様々なビタミン剤が入っていますが、ビタミンは体内に吸収されて初めて効果を発揮するもので、点眼することで薬効が出現するとは考えられません。
  • Q点眼薬の保存方法は?
  • AA点眼薬は0℃〜30℃で保存してください。 (一部の点眼薬に例外もあり)
    夏場は冷蔵庫に入れておくのが無難です。
    開封後は1ヶ月で破棄するようにしてください。
 

診療時間

pagetop

診察時間

アクセス

詳細はコチラ

休診のご案内

眼の病気・治療について