画面サイズの変更

緑内障の配合剤について

岐阜県羽島郡岐南町下印食1丁目149-2

058-268-2828

岐南眼科 大竹慎也院長のブログ

ホーム  >  院長ブログ  >  緑内障の配合剤について

緑内障の配合剤について

過去の記事を見る

2018.08.16

最近配合剤の点眼薬が相次いで発売されています。配合剤とは一本の点眼薬に二種類の薬を混ぜた薬です。

コソプトはトルソプトとチモプトールを混ぜたもの、アゾルガは、エイゾプトとチモプトールを混ぜたもの、ミケルナはミケランとラタノプロストを混ぜたものです。極最近ではコソプトの後発品であるドルモロールが発売されました。

配合剤のメリットとしては、点眼回数が減らせること、患者さんの医療費負担が減るということ、副作用が減らせるということが挙げられます。

配合剤のデメリットはまだ後発品が少ないということ、単剤2本に比べ効果が少し弱まる可能性があるということです。

院長は緑内障の配合剤点眼による患者さんのメリットは大きいと考えており、当院では積極的に採用、処方しております。

診療時間

pagetop

診察時間

アクセス

詳細はコチラ

休診のご案内

眼の病気・治療について