画面サイズの変更

院長ブログ

院長ブログ

院長BLOG

  • 2020.08.12

    将棋とチェスの違い

    コロナと猛暑のせいで、今年のお盆休みは将棋三昧になっています。

    将棋の本を沢山買ってきて読みながらネット対局しています。高校時代将棋部で毎日友人と将棋をさしていたのが懐かしいです。

    将棋とチェスの大きな違いは相手から取ったコマを将棋は使うことができるという点だと思います。

    最後に王が詰まれる時、とどめを刺す駒はもともと相手の駒であることがほとんどです。

    これは歴史を考えた時とてもリアリティがあります。

    古代中国では占領した少数民族を最前線で戦わせて(他民族同士で殺し合わせて)自軍に損失が出ないようにしていました。

    将棋は歴史の縮図なのかもしれません。

    また、将棋は自分の駒が全て取られても相手の王を詰めれば勝ちです。

    関ヶ原の戦いで用いられた島津義弘のすてがまりに通じる、非情な発想であり、恐怖すら覚えます。

    戦国時代の殺伐とした世相が将棋を作り出したのかもしれません。

     >>記事詳細

  • 2020.08.11

    将棋ウォーズ

    お盆休みは旅行に行かず自宅でゆったりと過ごすこととなり、将棋ウォーズというアプリをダウンロードしてみました。

    派手な演出のある対局ソフトで昔やっていた麻雀格闘倶楽部に似ているなと思いました。

    10分切れ負けの将棋は長考できず、ある程度定石を覚えておかないと大変でした。

    月600円の課金で対局し放題とのことです。お盆中力試ししようと思います。

     >>記事詳細

  • 2020.07.27

    ムコスタの院内勉強会

    本日は、ドライアイの治療薬であるムコスタの院内勉強会を行いました。 ムコスタはムチンを増やすことで涙の質を改善する画期的な薬で、当院でも多く処方しています。ドライアイ治療において私は涙点プラグも重視しており、かなりの症例で使用しています。 >>記事詳細

  • 2020.07.22

    待合室のソファーの配置変更

    コロナ対策として、昨日の大掃除後に待合室のソファーの間隔を大きく開けるレイアウトに変更しました。 >>記事詳細

  • 2020.07.22

    youtube のディスカバリーチャンネル

    たまに暇な時、youtubeのディスカバリーチャンネル見てます。

    エドというおじさんが、素っ裸でヘリコプターから降ろされて道具なしで生き延びるドキュメンタリーとか、イケメンのベア・グリルスが極地でサバイバルする番組は結構面白いです。

    ただ医者の立場から考察すると、ミミズとか毛虫といった虫を生で食べたりするのは寄生虫など相当危険です。泥水を飲むのも怖いですね。

    決して真似してはいけない過剰な演出があることも念頭に入れてエンターテイメントとして見るべきですね。

    ただ防災や登山での遭難においてどんな道具が最低限必要か考えるきっかけにはなりそうです。

     >>記事詳細

  • 2020.07.21

    先週末は大阪へ

    先週末は手品の師匠である武宮先生のマジックを見せてもらいに大阪へ行きました。

    武宮先生のマジックは久しぶりに見ましたがさらに進化しており、もう魔法にしか見えないレベルでした。

    完璧な仕事をするプロフェッショナルな人間は素敵ですね。

     >>記事詳細

  • 2020.07.17

    学校検診の診察道具

    学校検診は今日で最後でした。お昼に430人診察はなかなかハードでした。以前は手持ちスリットを使っていましたが、最近はHeine ML4 LED に4x340mmのルーペをつけて診察しています。 結膜の状態が良く観察でき愛用しています。 5d5ed9136b325d0fc6c2aa9867e9f8d0c8793606.jpeg >>記事詳細

  • 2020.07.16

    貸出金利が過去最低に

    本日の日経新聞より。

    日銀の貸出約定平均金利によると大手銀行の5月の新規融資の平均金利は0.32%で1993年の調査開始以来過去最低を更新したとのことだ。

    コロナ下では企業の存続のためフリーキャッシュフローが潤沢であることが大切であり、財務キャッシュフローを増やすことはその一助となる。

     >>記事詳細

  • 2020.07.14

    実践版孫子の兵法

    実践版孫子の兵法 プレジデント社 を読んでます。2500年前に呉に仕えた孫武が書いた兵法書の、現代解釈版。 敵=新しい取り組み、始める物事として現代解釈したこの本は新たな気づきがありました。 >>記事詳細

  • 2020.07.12

    JSCRSの アンケート調査に対する院長の考察、今後の方針

    ・両眼同時手術は両眼同時感染のリスクを考えるとすべきではない。

    ・ウォータレス法は今月から当院へ導入した。

    ・PAヨード術中散布はまだ主流ではないため見送り。

    ・術後抗菌剤は1ヶ月で中止を検討。

    ・トーリックIOLは当院では2.0D以上としていたが、倒乱視1.5D以上と適応拡大しようか検討。

    ・Phakic IOL は今後当院に導入しても良いかもしれない。

     >>記事詳細

過去の記事を見る

pagetop