画面サイズの変更

インターネット予約
院長ブログ

院長ブログ

院長BLOG

  • 2024.05.25

    何に資金を投入するか

    眼科クリニックを経営していると、常に考えなければならない問題。

    それは何に資金を投入するかということだ。

    以下の2つを優先的に投資すべきだろう。

    1.直接的に投資額が回収できるもの

    2.間接的に投資額が回収できるもの

    1の直接的に投資額が回収できるものはわかりやすい。

    例えば昨年SLT というレーザーを購入した。

    数百万円の高額なレーザーだが、幸いなことに保険請求額が96600円と高いため、2-3年でpayできるとわかる。

    だから導入することにとても前向きになれる。

    問題は2の"間接的に投資額が回収できるもの"にどれだけ資金を投入するかということだ。

    数字として見えないから導入しづらいのだ。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    4か月前にOptosという広角眼底カメラを購入した。

    1000万円を超える高額な医療機器だ。

    このOptosを購入しても通常の眼底カメラと保険請求額が同じなので、クリニックの利益が増えない。

    しかし導入してとても良かったと満足している。

    それは診断の精度が格段に上昇したからだ。

    そして散瞳しなくても眼底が見えるので患者さんの待ち時間が減り、患者満足度が上昇した。

    間接的に利益に貢献することになった。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    何が収入源かを明確にする必要がある。

    当院は白内障手術を主な柱として営業している。

    だから白内障関連機器を今後も集中して投資していく。

    色んな疾患の機械に目移りしがちだが、ブレない。

    白内障の検査機器、治療機器、眼内レンズに集中する。

    クリニックの運転資金は決まっている。

    どのように配分していくか、医療機器の減価償却期間、耐久期間、モデルチェンジの時期など

    さまざまな要素を俯瞰的に見ながら決めていく。

    まあ、これまでのように完璧な白内障手術をしていけばずっと経営は安泰だろう。

    コメント(0)

  • 2024.05.23

    新しい眼内レンズ,NSP-3を採用

    来週から新しい眼内レンズ,NSP-3を当院で採用し、使用する。 これは、単焦点の保険適応レンズ。 以下の特徴がある。 ・軸ズレに強い新しい非球面構造 ・焦点の幅が広い ・水晶体嚢との接触を拡大 ・シャープエッジ ・レンズ側面をブラスト加工し、エッジグレアを抑制 ・ループ表面をブラスト加工し、光学部と…>>続きを読む

    コメント(0)

  • 2024.05.22

    newbalance

    newbalance 576UKモデルが復刻されていたので先日買った。 576は900番台や1000番台と違い、オフロードランニング用に作られている。 足型がSL-2という幅広甲高なので、僕の足にピッタリだった。 newbalanceを履き始めたのは中学生の頃から。 それ以来様々な型のニューバランス…>>続きを読む

    コメント(0)

  • 2024.05.17

    LiGHT trial の6年結果

    開放隅角緑内障と高眼圧症のファーストライン治療としてSLTを行った場合の多施設・ランダム化比較対照試験の6年目の結果がまとめられた。 方法:初めからSLTを行う群と点眼薬治療を行う群にランダムに振り分ける 結果:524症例が6年の試験を完了。Euro WOL EQ-5D 5levels,Glauco…>>続きを読む

    コメント(0)

  • 2024.05.16

    抗VEGF薬のまとめ(適応、問題点、今後の展望)

    2024年5月現在の抗VEGF薬の適応をまとめる。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ルセンティス  AMD,RVO,myopic CNV,DME ROP ラニビズマブ  AMD,RVO,myopic CNV,DME アイリーア2mg AMD,RVO,myopic CNV,DME,NV gla,ROP バビース…>>続きを読む

    コメント(0)

  • 2024.05.13

    IQテストをやってみた

    週末、友人の精神科医、本田先生が2軒目のクリニックを作ったので見学させてもらった。 窓が大きく、待合が広く、吹き抜けだった。 通路も広く、すべてがゆったりと設計されていて、本当に素敵なクリニックだった。 クリニックに行くだけで癒やされそう。 〜〜〜〜〜〜〜〜 見学の後、予約していたIQテストをしても…>>続きを読む

    コメント(0)

  • 2024.05.12

    彫刻家〜船越桂

    彫刻家の船越桂が3月亡くなった。 彼は一本の丸太から人物の顔を彫る。 彼の作風は彫刻を作成後に頭部を真上から横向きに切断して、能面のようにくり抜き、内側から大理石の眼球をはめ込む。 そして眼球の表面に何層も透明の絵の具で塗り重ねて角膜を作ることで深く澄んだ眼にする。 彼のテレビインタビューで興味深か…>>続きを読む

    コメント(0)

  • 2024.05.07

    手術中眼がキョロキョロ動く人に対する対応策

    白内障手術は直径9mmのレンズを溶かして人工レンズを入れるという 非常に細かい手術です。 肉眼ではとても手術ができないため顕微鏡を使って手術をします。 時々手術中眼がキョロキョロ動く人がいます。 当然動いていては危なくて手術ができません。 それに対する対応策は以下の通りです。。 1.声を掛ける  2…>>続きを読む

    コメント(0)

  • 2024.05.03

    焦点深度拡張型の眼内レンズ

    Nidek社からNSP-3、HOYAからImpressが発売された。 それぞれ最高結像距離の視力をわずかに犠牲にする代わりに見える距離(明視域)を拡大させたレンズだ。 保険適応の単焦点眼内レンズという扱いになる。 焦点深度拡張型のレンズとして 参天の"レンティスコンフォート"、 ジョンソンアンドジョ…>>続きを読む

    コメント(0)

  • 2024.05.01

    今日は忙しかった

    一昨日は久しぶりにロードバイクで20km走り、 昨日はボクシングのトレーニングを75分した。 だから今日は朝から全身筋肉痛だった。 そして超激しい1日だった。 8:45 片側顔面けいれんの患者さんにボトックスを14箇所注射。 その後午前診察し、診察途中、網膜裂孔が見つかり、レーザー治療をした。 1…>>続きを読む

    コメント(0)

pagetop