画面サイズの変更

2020年の院長ブログ

院長ブログ

院長ブログ

院長BLOG 2020年記事一覧

  • 2020.08.12

    将棋とチェスの違い

    コロナと猛暑のせいで、今年のお盆休みは将棋三昧になっています。

    将棋の本を沢山買ってきて読みながらネット対局しています。高校時代将棋部で毎日友人と将棋をさしていたのが懐かしいです。

    将棋とチェスの大きな違いは相手から取ったコマを将棋は使うことができるという点だと思います。

    最後に王が詰まれる時、とどめを刺す駒はもともと相手の駒であることがほとんどです。

    これは歴史を考えた時とてもリアリティがあります。

    古代中国では占領した少数民族を最前線で戦わせて(他民族同士で殺し合わせて)自軍に損失が出ないようにしていました。

    将棋は歴史の縮図なのかもしれません。

    また、将棋は自分の駒が全て取られても相手の王を詰めれば勝ちです。

    関ヶ原の戦いで用いられた島津義弘のすてがまりに通じる、非情な発想であり、恐怖すら覚えます。

    戦国時代の殺伐とした世相が将棋を作り出したのかもしれません。

    >>記事詳細

  • 2020.08.11

    将棋ウォーズ

    お盆休みは旅行に行かず自宅でゆったりと過ごすこととなり、将棋ウォーズというアプリをダウンロードしてみました。

    派手な演出のある対局ソフトで昔やっていた麻雀格闘倶楽部に似ているなと思いました。

    10分切れ負けの将棋は長考できず、ある程度定石を覚えておかないと大変でした。

    月600円の課金で対局し放題とのことです。お盆中力試ししようと思います。

    >>記事詳細

  • 2020.07.27

    ムコスタの院内勉強会

    本日は、ドライアイの治療薬であるムコスタの院内勉強会を行いました。 ムコスタはムチンを増やすことで涙の質を改善する画期的な薬で、当院でも多く処方しています。ドライアイ治療において私は涙点プラグも重視しており、かなりの症例で使用しています。>>記事詳細

  • 2020.07.22

    待合室のソファーの配置変更

    コロナ対策として、昨日の大掃除後に待合室のソファーの間隔を大きく開けるレイアウトに変更しました。>>記事詳細

  • 2020.07.22

    youtube のディスカバリーチャンネル

    たまに暇な時、youtubeのディスカバリーチャンネル見てます。

    エドというおじさんが、素っ裸でヘリコプターから降ろされて道具なしで生き延びるドキュメンタリーとか、イケメンのベア・グリルスが極地でサバイバルする番組は結構面白いです。

    ただ医者の立場から考察すると、ミミズとか毛虫といった虫を生で食べたりするのは寄生虫など相当危険です。泥水を飲むのも怖いですね。

    決して真似してはいけない過剰な演出があることも念頭に入れてエンターテイメントとして見るべきですね。

    ただ防災や登山での遭難においてどんな道具が最低限必要か考えるきっかけにはなりそうです。

    >>記事詳細

  • 2020.07.21

    先週末は大阪へ

    先週末は手品の師匠である武宮先生のマジックを見せてもらいに大阪へ行きました。

    武宮先生のマジックは久しぶりに見ましたがさらに進化しており、もう魔法にしか見えないレベルでした。

    完璧な仕事をするプロフェッショナルな人間は素敵ですね。

    >>記事詳細

  • 2020.07.17

    学校検診の診察道具

    学校検診は今日で最後でした。お昼に430人診察はなかなかハードでした。以前は手持ちスリットを使っていましたが、最近はHeine ML4 LED に4x340mmのルーペをつけて診察しています。 結膜の状態が良く観察でき愛用しています。 5d5ed9136b325d0fc6c2aa9867e9f8d0c8793606.jpeg>>記事詳細

  • 2020.07.16

    貸出金利が過去最低に

    本日の日経新聞より。

    日銀の貸出約定平均金利によると大手銀行の5月の新規融資の平均金利は0.32%で1993年の調査開始以来過去最低を更新したとのことだ。

    コロナ下では企業の存続のためフリーキャッシュフローが潤沢であることが大切であり、財務キャッシュフローを増やすことはその一助となる。

    >>記事詳細

  • 2020.07.14

    実践版孫子の兵法

    実践版孫子の兵法 プレジデント社 を読んでます。2500年前に呉に仕えた孫武が書いた兵法書の、現代解釈版。 敵=新しい取り組み、始める物事として現代解釈したこの本は新たな気づきがありました。>>記事詳細

  • 2020.07.12

    JSCRSの アンケート調査に対する院長の考察、今後の方針

    ・両眼同時手術は両眼同時感染のリスクを考えるとすべきではない。

    ・ウォータレス法は今月から当院へ導入した。

    ・PAヨード術中散布はまだ主流ではないため見送り。

    ・術後抗菌剤は1ヶ月で中止を検討。

    ・トーリックIOLは当院では2.0D以上としていたが、倒乱視1.5D以上と適応拡大しようか検討。

    ・Phakic IOL は今後当院に導入しても良いかもしれない。

    >>記事詳細

  • 2020.07.12

    JSCRSのアンケート調査抜粋

    2020JSCRS web講演における手術のアンケート調査で気になった点を抜粋(母集団JCSRS会員1796人)

    ・両眼同時手術を行わない施設58% その理由、、眼内炎発症のリスクを懸念

    ・術前手洗いはウォーターレス法が昨年から増加(28.5%→34.9%)

    ・術中PAヨード散布が昨年から大幅に増加傾向(10%→17.8%)

    ・術後抗菌薬点眼は1ヶ月が44.8%と最多 ASCRSでは1週間以内で終了が72%!!衝撃的

    ・抗菌薬の内服なしは昨年から大幅に増加(15%→39.9%)

    ・トーリックIOLを用いる割合は全症例の1~5%が最多 ASCRSは20%以上

    ・トーリックIOLは1.5D以上の角膜乱視に用いる術者が46.9%と最多

    ・眼内レンズ計算式はBarrett Universal2が57.1% SRK/Tは82.5%

    ・レーシック後の計算式はBarrett True K 50.6% Haigis-L 41.5%

    ・円錐角膜のクロスリンキングが有用と回答割合 82.5%

    ・屈折矯正手術でレーシック、PRKは減少傾向。レーシック(ケラトーム3.7%、フェムト7.1%)PRK6.4%

    ・対してPhakic IOLは屈折矯正手術の14.3%と最多

    ・今後有用な屈折矯正手技はPhakic IOL 68.5%と最多

    ・自身が近視矯正手術を受けるならの質問、、手術を受けない56.4%と最多 Phakic IOL 26.6% レーシック13.8%

    ・自身が老視矯正を受けるならの質問、、手術を受けない54.9%と最多

    >>記事詳細

  • 2020.07.12

    世界一高額なトランプ

    世界一高額なトランプは、、ジェリーズナゲットです。

    1970年代に製造されたジェリーズナゲットは、今や偽物が大量に出回っていますが、本物は189000円で販売しています。

    高額な理由は製造元が販売を停止したこと、品質が最高峰であること。ドゥミニク・ドゥビビエというフランスのマジシャンがほとんど買い占めてしまったこと、ダン・デイブなど有名フラリッシャーが使用していることが挙げられます。

    僕は代わりに偽物のチキンナゲットというトランプを買いました。

    品質は最低でした、、、。絵柄が面白いけど。

    IMG_2129.jpeg

    >>記事詳細

  • 2020.07.12

    NAVIS-AZUを導入予定

    9月ぐらいに眼科医療情報システムのNAVISを更新予定です。

    ハンフリー視野検査をNAVISに繋げて結果をトレンド解析できるようになるため、より一層緑内障診断に役立てるのではと期待しております。

    >>記事詳細

  • 2020.07.12

    A定数の更新

    レンティスコンフォートのA定数を更新しました。これで白内障手術における眼内レンズ度数の予測精度が上昇すると思われます。

    また当院ではBarrett Universal 2 (バレットユニバーサル2)という最高精度の計算式を用いて眼内レンズの計算を行っています。

    >>記事詳細

  • 2020.07.08

    今年も学校検診の季節が来た

    今年は例年より2ヶ月ぐらい遅れて学校検診が始まりました。

    学校検診で視力検査が引っかかったら眼科で精密な視力検査を受けましょう。

    学校での視力検査は体育館で行った場合、特に環境光が暗く悪い結果に出やすい印象です、過度に心配しないでください。

    >>記事詳細

  • 2020.07.07

    F1と、眼科手術の違い

    16年前、岐阜県総合医療センターの研修医だった私は、眼科部長の直原先生に F1のレースのテレビを見たあとこんな話をしました。"直原先生、F1ドライバーは、ミリ単位で車をコントロールできるそうです。すごいですよね?"直原先生は、クールな表情で"眼科手術は、単位が違う、マイクロメートルでコントロールできる"とおっしゃられました。 偉大な先生だな、いつかそんな手術を習得したいと思った瞬間でした。>>記事詳細

  • 2020.07.06

    今までに学んだ賢い車の買い換え忘備録

    ・下取り額を調べて下取りが高い車種を買う。(youtube の"夢カーチャンネル"で下取り価格がわかる)

    ・下取りが高いのはワゴン、SUV、スポーツカー、一部の高級ドイツ車、高級イタリア車

    ・色は白か黒マスト。ガンメタリック、シルバーは2番人気。それ以外は損。

    ・オプションは下取りにほとんど反映されないため、あまり付けてはだめ。

    ・オプションがほしければ、下位グレードにオプションを付けるより、標準でオプションが付いている上位グレードを買った方が下取りが良い。

    ・スタッドレスタイヤは下取りに全く反映されない。

    ・セダンは値段の落ちが激しい。多分買わないほうがいい。

    ・同じメーカーで買い替えするときはディーラーの下取りがとても良い。

    ・ディーゼルは人気

    ・売るとき車検残りもほぼ下取り額に反映されない。

    ・3年等級プロテクトの車両保険は有利。

    >>記事詳細

  • 2020.07.06

    薬剤耐性の院内勉強会

    今日は薬剤耐性についてお昼に院内勉強会を行いました。

    日本は、他国に比し、セファロスポリン、マクロライド、フルオロキノロンの使用率がとても高いとのことでした。

    将来の耐性菌を作らないよう不必要な抗生剤の使用、慢性的な使用は控えねはなりません。

    >>記事詳細

  • 2020.07.05

    "100の思考実験"を読んだ

    この本はイギリスでベストセラーになって、19ヵ国で翻訳されている、哲学の魅力を具体的事例を挙げて平素に伝えた本です。紀伊国屋書店が出版。

    久しぶりに本棚から読み返しましたが、やっぱり面白い。

    例えば、海辺のピカソの例 "ピカソが海岸の砂に素晴らしいオリジナル作品を描いているのを男が見つけた。間も無く潮が満ちて全てが消えてしまう。なんとかして守りたいのだが、、"という例から、芸術は永遠なのかを議論している話は印象的だった。

    あと、有名なトロッコ問題の例 暴走した列車が男の立っている分岐器の方へ向かってくる。何もしないとトンネル作業員40人が死ぬ、レバーを引くと違うトンネルにいる5人の作業員が死ぬ。レバーを引くか引かないかという問題。 こんな感じで100例集めた本。

    >>記事詳細

  • 2020.07.05

    ボードゲームモノポリー

    医学部6年生の時、僕のアパートで、モノポリー というボードゲームを同級生とやっていた。 サイコロを振って、マスに止まったら土地を買え、区域を買い占めたら家を建てて、相手がそこに止まったらお金がもらえるというゲーム。

    面白いところが、土地をプレイヤー間で価格交渉して売買できるところ。 土地の価格がどう決まるか、これが面白い。

    収入源が確保されているプレイヤーは、土地を売る時非常に高い値段で収入源の無いプレイヤーにふっかけることができる。

    もう少しで独占しそうな場合、最後の土地はすごい高値で交渉できる。 また時間の経過とともにどんどんインフレしていく。まさに経済の縮図。

    クリニック経営者となった今、モノポリー で起きた事象を現実世界で色々実感している。

    >>記事詳細

  • 2020.07.04

    7/3はなみだの日

    7月3日はなみだの日です。(ドライアイの啓蒙活動の日)

    QRコードにアクセスしてみてください。

    うっかりしており、7月4日になってしまっていました。

    IMG_2080.jpeg

    >>記事詳細

  • 2020.07.03

    二デックの画像ファイリングシステムの打ち合わせ

    昨日もニデックが夜蒲郡から来てくれて、画像ファイリングシステムの更新を打ち合わせしました。遠くからありがとうございました。>>記事詳細

  • 2020.07.03

    日本白内障屈折矯正手術学会のweb開催

    昨日から日本白内障屈折矯正手術学会総会が、インターネットで開催されました。 ひたすら手術、特に白内障手術に特化した学会で、臨床に即しており非常に実践的です。 直接会場で講演を聴く方がもちろん身につきやすいのですが、沢山の講演を好きな時間に見ることができるweb開催もなかなか良いです。 今後は会場での開催とweb開催を併用して欲しいです。 >>記事詳細

  • 2020.07.02

    網膜走査型レーザアイウェア

    RGBレーザーを網膜に直接投影する眼鏡 retissa medical が医療用の製造販売承認を取得したとのことです。

    https://www.qdlaser.com/news/466/

    角膜疾患、無水晶体眼など前眼部、中間透光体に異常がある患者にとって有用なメガネになりそうです。

    レーザーで直接網膜に映すという発想は新鮮で面白いアイデアです。

    >>記事詳細

  • 2020.06.30

    今週は手術休み

    今日は白内障手術を休みにしたので朝から軽い気持ちで過ごしました。 何歳まで手術をするかわかりませんが、60歳まであと20年ぐらいやりたいなという思いです。 手術は私自身全身全霊を込めて行いますが、それによって自分の寿命が縮んだとしても本望だと思ってます。>>記事詳細

  • 2020.06.30

    将棋の駒

    将棋の駒が気になる。

    将棋の駒にはランクがある。

    盛り上げ駒>彫埋駒>彫駒>書き駒

    駒の素材は黄楊(つげ)が最高とくに薩摩黄楊

    黄楊でも根っこから採った根杢と呼ばれる模様のある黄楊が更に最高

    文字は巻菱湖(まきのりょうこ)がもっとも風格がある。

    盛り上げ駒は傷が付きやすいから「彫埋駒の根杢、薩摩黄楊、巻菱湖」だな。作者は名字が同じだし、大竹竹風先生がいいかな。

    でも将棋の駒に10万以上払うのはもったいないしだめでしょうと思っちゃって、

    結局ネットショップのホームページを見るだけで買えないという日々がもう半年。

    大竹.jpg

    >>記事詳細

  • 2020.06.29

    霰粒腫の治療

    霰粒腫は切開してえいひで掻爬というのが昔から行われている方法だが、時間がかかるし、取り切れない。

    昨年の臨床眼科学会だったか?で学んだ指で押し出す方法は短時間で終わるし根こそぎ取れるため、最近多用。

    ケナコルトの注射も小さいものには良いのだが、ある程度大きくなったものはやはり手術だろう。

    何故か麦粒腫と霰粒腫の患者さんがものすごく多い。

    季節(湿度や汗など)と関連しているのか、、。

    当院では基本的に即座に処置をするのだが、最近は看護師が診察を注意深く観察しているようで、すごく処置の準備が早く、感謝。

    >>記事詳細

  • 2020.06.28

    車雑誌、オーディオ雑誌に思うこと

    車が好きな人はcargraphic やlevolant などを読んだりすると思うが、試乗レビューでの車の乗り心地の表現が、情緒的というか、感情的というか、何が言いたいのかわかりにくい。オーディオ専門雑誌に至っては何が書いてあるのか全くわからない。

    おそらく車や、オーディオメーカーに遠慮してジャーナリストは本音が書けないんだろうなと思う。

    もっと本能や感情論を廃して理性的に、しっかりと絶対的に評価してもらわないと。全車種共通で点数を付けていったらいいのでは。

    それにしても昨今のプラットフォーム共用で車の個性が損なわれてきていると感じる。なんでこんな同じような形の車ばっかり走ってるんだろう。

    30年前のフェアレディーZ、独創的なロングノーズ、かっこよかったな。RX-7も無茶苦茶かっこよかった。30年前が黄金期だったな。

    プラットフォーム共用などやめてください。

    >>記事詳細

  • 2020.06.28

    時々行うiphoneのプレイリスト更新

    車で聴く音楽のプレイリストを時間があるときに更新するようにしている。

    apple music は聴き放題なので、数十曲聞いて以下のリストとなった。

    satisfied・・ギャランティス  XBOXのレースゲームforza horizonで流れていた清々しい曲

    Dlz・・TV one the Radio  breakingbad のシーズン2 第5話 でウォルターが凄むシーンの曲

    Breathe your name ・・シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー 

    Pra que Chorar・・Carol Saboya ボサノバで最近気になっている歌手

    Nos e o Mar ・・Carol Saboya

    my name is ・・エミネム 変則的なテンポがクール

    get ur freak on ・・ミッシー・エリオット 日本語の歌詞が話題となり昔流行りましたね。

    >>記事詳細

  • 2020.06.24

    あじさい

    自転車に乗っていたら、あじさいが満開でした。綺麗。

    IMG_2036.jpegIMG_2039.jpeg

    >>記事詳細

  • 2020.06.23

    ネットの広告を消す、youtubeの広告も消す

    私はmac が好きなので、職場でも自宅でもmac を使っています。mac の標準webブラウザはsafariですが、yahooを筆頭にwebの広告が多すぎです。

    というわけでsafariの機能拡張から「ユニコーン」というアドオンを490円で購入しました。

    するとかなりの精度で広告を消去してくれ、web閲覧がとっても快適になりました。

    広告は害だと再認識。

    youtubeも動画途中の広告がとっても煩わしかったので、youtubeプレミアムにしました。月1550円は高いですが、時間をお金で買ったと思えばプレミアムにする価値はあります。

    youtube のバックグラウンド再生が可能になり、例えば車内でiphoneのyoutubeをバックグラウンド再生して、bluetooth 接続することでラジオのように登録チャンネルを聴きながら運転できるのはなかなか良いかと思います。

    スクリーンショット 2020-06-23 23.36.07.png

    >>記事詳細

  • 2020.06.23

    アイリーアの院内勉強会をした

    昨日はアイリーアの院内勉強会をいたしました。

    国内第4相試験であるALTAIR試験、国内41施設による他施設共同試験の概要と結果についてでした。

    加齢黄斑変性において、treat and extend レジメンにて、2週幅調節群と4週幅調節群を比較した試験で、どちらの群も最終的に4割以上の患者が16週投与まで延長できたという要旨でした。

    硝子体注射にはPRN法(悪化時随時注射)とtreat and extend法(定期的に注射、経過により間隔を延長または短縮)の2つの方法があります。

    私の考えでは、全症例にtreat and extend法を行うのは過剰医療と感じています。

    1回〜3回の硝子体注射で再発なく経過する軽症例も多数経験しているからです。

    1本13.7万円する高額な注射ですから、「予防的に定期投与すればいい」という考え方は医療経済的にも、患者負担の面からも違和感を覚えます。

    >>記事詳細

  • 2020.06.21

    後輩と飲んだ

    以前眼科を教えた部下と昨日はお肉を食べて、飲みました。

    眼瞼下垂症手術における針の持ち方、マイボーム腺梗塞摘出術の切開法、子供の霰粒腫の効率的な手術法などを議論したり、プライベートな話をしたりとても楽しい時間でした。

    >>記事詳細

  • 2020.06.21

    ストレスが溜まったとき聴く音楽

    ストレスが溜まったときに聴く音楽はどんなジャンルが良いか。

    慢性的なストレスであればクラシックやジャズが良いと思う。

    急激なストレスがかかったときはロック(とりわけグランジやオルタナティブ・ロック)がいいと思う。

    ニルバーナのIn Uteroを大音量でヘッドホンで流すと数分でストレスはぶっ飛びます。

    もう少し上品なロックだとdeep purple のハイウェイスター、rage against the machineのkilling in the name などがおすすめ。

    >>記事詳細

  • 2020.06.19

    まぶたが腫れたら

    まぶたが腫れた場合、いくつかの疾患が鑑別としてあげられます。

    1.麦粒腫・・いわゆるものもらい。細菌感染

    2.霰粒腫・・まぶたに肉芽腫が生じているもの。

    3.アレルギー性皮膚炎・・花粉症で生じるアレルギー反応

    4.虫刺症・・虫刺され

    5.マイボーム腺梗塞・・まぶたの脂の出口に脂が固まったもの

    6.眼瞼ヘルペス・・帯状疱疹ヘルペス、単純疱疹ヘルペスの感染症

    上記は治療法がそれぞれ全く異なるため、困ったらお気軽に受診してくださいね。

    >>記事詳細

  • 2020.06.18

    成熟白内障に対する私の手術の流れ

    白内障を放置すると最終的に成熟白内障といってレンズが石のように硬い白内障になってしまいます。

    成熟白内障は手術時間が長くなり、また合併症が起きやすい難易度の高い手術です。

    私は以下のポイントで手術をします。

    ・角膜内皮細胞を守るべくビスコート、ヒーロンVを用いたsoft shell technique

    ・ICGを用いた前嚢染色

    ・23G池田鑷子を用いたCCC。きっかけのみチストトームを使用。

    ・CCCはdoubleで行う。最初に小さくCCCをして、嚢内を減圧その後前嚢剪刀を用いてCCCを拡大

    ・フェイコチョッパーを用いてチン小帯に負担をかけず核分割

    ・核破砕時に後嚢上に適宜ビスコートを挿入して破嚢を予防

    ・ポリマーI/Aの使用

    こうやって文字にするといろいろなポイントがありますね。成熟白内障は術者の腕が問われる手術ですね。

    >>記事詳細

  • 2020.06.18

    ライブ音源で僕が最も好きなジャズアルバムは、、miles davisのmy funny valentineです。

    アドリブなのにまるであたかも完成された1曲のように進行していきます。

    ライブの緊張感がすごいです。ゾクゾクします。

    CDとレコードを所有していますが、ハイレゾが出たらダウンロードしたいですね。

    >>記事詳細

  • 2020.06.18

    メローラのドライビンググローブ最高

    メローラのドライビンググローブ、最高に着け心地が良いです。ハンドルのホールドが向上します。

    ネットショップで買えます。ご参考までに僕の手は、手術用グローブ7.5ですが、メローラのサイズは8でジャストサイズ。

    IMG_1999.jpeg8F4971B1-B142-471E-96F5-A37232FCA566.jpeg

    >>記事詳細

  • 2020.06.17

    アイリーアの硝子体注射キット、アイラミド導入

    加齢黄斑変性等の特効薬であるアイリーアの硝子体注射キットを本日導入しました。

    注射器に薬剤がすでに入った状態で製品化されており、従来より安全性が高いと考えています。

    緑内障の新薬アイラミドも本日導入しました。全身の副作用が少ないため使いやすいのではと考えています。

    >>記事詳細

  • 2020.06.16

    眼窩脂肪ヘルニアの新しい手術

    本日眼窩脂肪ヘルニアの新しい手術を行いました。切開創はわずか2mmで出血なく、数分で終了できました。 縫う必要もないため、大変素晴らしい手術と考えています。>>記事詳細

  • 2020.06.16

    厚生省部会、網膜色素変性の患者にiPS網膜シート移植計画を了承

    網膜色素変性は根本的な治療がいまだ存在しない難病ですが、このたび神戸アイセンターが申請した網膜色素変性の患者にヒトiPS由来網膜シートの移植を厚生省部会が了承しました。

    まずは重症患者2人に移植するそうです。

    成功すれば世界初の移植となり、再生医療の福音となります。

    成功を心から祈っています。https://www.yakuji.co.jp/entry79689.html

    スクリーンショット 2020-06-16 8.20.32.png

    >>記事詳細

  • 2020.06.16

    ETF=長期保有は間違い

    投資の話ですが、ETF=長期保有 というイメージを持っている人がいたら、間違いです。

    日経平均レバレッジ(1570)、日経平均ダブルインバース(1357)などは、価格の上下により、長期的にはどんどん0に向かって収束していきます。

    同様に原油インデックス(1699)も商品先物特有のコンタンゴにより、毎月数%ずつ漸減していきます。

    >>記事詳細

  • 2020.06.14

    医療機器は売るとき二束三文

    OCTの買い替えを検討し、とある中古買取業者に買取査定をお願いすると、7年使った器械がたったの査定額20万でした。

    (驚くことに、中古の7年落ちの同じOCTを同じ業者が200万円でネットで売っていました。)

    医療機器は売るとき二束三文になります。いい勉強になりました。

    >>記事詳細

  • 2020.06.14

    慶應大学医学部発のベンチャーが眼科診断デバイスを開発した

    慶應大学の眼科医3人がiphoneに取り付ける診断デバイスを開発しました。

    それはsmart eye camera (SEC)という、簡易的なスリット光を作る器械で、iphoneに取り付けることで細隙灯(内科で聴診器に相当する眼科における最重要検査機器)になるというものです。

    日常診療には向きませんが、白内障があるかどうか、角膜混濁があるかどうか、前眼部炎症が(例えばぶどう膜炎など)あるかどうかぐらいならわかりそうです。

    検診などの診察目的であれば手持ちスリットやハイネの拡大鏡を使いますので、用途としては発展途上国の診療、旅行や自宅での簡易診察でしょうか。

    安価であれば僕も買ってみたいです。https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00004/022600158/

    スクリーンショット 2020-06-14 23.08.18.png

    >>記事詳細

  • 2020.06.14

    dマガジン

    月440円で雑誌450誌が読み放題なのは、すごくお買い得だと思います。

    ipad proで読むと画面が大きいので雑誌を読んでる感覚です。safari,forbes,mac fan,levolant,cargraphic など愛読してます。おすすめ。

    85507AC3-A164-4D3B-81BF-8F43230D5229.jpeg

    >>記事詳細

  • 2020.06.12

    ベオビュの眼内炎症に対する注意喚起

    私は網膜硝子体学会に属していますが、今日学会から、ベオビュ投与後の眼内炎症、網膜血管炎、網膜血管閉塞発症リスクについて注意喚起するようにと以下メールが来ました。

    眼内炎症4.6%

    眼内炎症+網膜血管炎3.3%

    眼内炎症+網膜血管炎+網膜血管閉塞2.1%

    かなり高率であり、患者さんが複数回注射する事を考えると、導入にリスクを感じました。 今後学会、勉強会で最新の情報を入手した上で当院としての導入を判断することとします。

    2020060902.pdf

    >>記事詳細

  • 2020.06.11

    趣味の話

    カードマジックを趣味にしていますが、カードマジックは眼科手術より難しいですので、マジックの練習は手先を器用に使うためのいいトレーニングになります。せっかくなので普段よく利用しているネットショップを列挙。

    フレンチドロップ ・・大体のものが揃うネットショップ。バーバーといったレアなソフトコインまで売っています。大阪のマジックバーの2階がリアル店舗。1階のマジックバーは日本一のマジックが見られます。武宮さん、ポン太さんは真のマジシャン。大阪に行ったらぜひ立ち寄ってください。

    ストリートマジシャン ・・品揃えが相当すごい。値段も良心的。ellusionist,theory11の商品が豊富。派手な演出のできるマジックが多い。ラタンチュラとかゲッコーとか、、色々買って随分お金を払わせてもらいました。

    三光堂  ・・激レアなデックの品揃えが豊富。値段も相応に高い。

    シナノクラフト ・・魔法のコインが売っています。とても高価です。買って家宝として鑑賞しています。

    マジックショップファンタジア ・・タンゴ製、クライス製の変わったコインが売ってます。

    上記のサイトから大体いつも買ってますね。

    >>記事詳細

  • 2020.06.08

    ベオビュの院内勉強会

    本日はベオビュの院内勉強会を行いました。

    ベオビュは、加齢黄斑変性の最新の薬で、最初に1か月毎に3回注射したのち、12週毎の注射で維持できるとのことです。 アイリーアより分子量が小さく効果が長いとの事でした。

    今後適応を拡大していくそうです。糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞の黄斑浮腫などにも使えるようになって、1度の注射で治癒する症例が増えれば嬉しいです。

    beovu_keyimg.jpg

    >>記事詳細

  • 2020.06.08

    ビスコート欠品

    白内障手術で用いるビスコートが出荷停止となったそうです。

    製造元のアルコンは、これで3回目の出荷停止で、今までの失敗を全く生かしていないですね。どうして会社として国内在庫を増やす、製造工場を他国に増やす、他社と共同開発する、協定を結ぶなど対策しないのか。残念です。

    当院ではビスコート、その他の粘弾性物質の在庫が十分あり問題ありません。

    >>記事詳細

  • 2020.06.07

    ニデック見学

    気になった機器

    ・共焦点走査型ダイオードレーザー検眼鏡ミランテ・・広角眼底カメラ、OCT、FAG、ICG、FAFすべてが1つの機械で行える究極の機械。もうすぐOCTを抜いた廉価版が発売される。廉価版でもどうやら軽く1000万円を超える。素晴らしい機械だが、広角眼底カメラでは視神経乳頭の陥凹が再現されないため、緑内障診断には通常の眼底カメラも撮影必須だろう。

    ・眼底カメラ付き光干渉断層計Duo・・眼底カメラとOCTを同時に撮影できる。緑内障、加齢黄斑変性などの画像をカラー、OCTで重ねて表示できるのは診断に役立つ。

    患者さんの移動がないため、高齢者に優しい。

    >>記事詳細

  • 2020.06.07

    二デック本社を訪問

    今日は二デック本社へ医療機器を見学に行きました。 素晴らしい機器がずらっと並んだ展示室は圧巻で、日本の技術の素晴らしさを感じました。 二デック石という貴重な石も見せて頂きました。 二デックはアフターサービスが素晴らしいので、信頼しています。>>記事詳細

  • 2020.06.05

    ジム・ロジャーズ大予測 を読んだ

    コロナで相場が大荒れの今、「ジム・ロジャーズ 大予測」という本が本屋で目に止まったので早速購入して読みました。

    筆者の主張(要旨)を列挙

    ・米ドルを持つべき

    ・金、銀も有望

    ・一帯一路を通る街に投資

    ・北朝鮮、ベネズエラ、ベトナム、ジンバブエに投資

    ・日本は移民受け入れに積極的になるべき

    ・中国語を学ぶべき

    ・東京オリンピックは中止すべきだ

    ・人生でたった20回の投資機会しかないと考えて機会を待て

    以上、日本人に受け入れがたい内容も多々含まれておりましたが、伝説の世界的投資家が日本人に語った示唆に富む内容の本でした。

    >>記事詳細

  • 2020.06.05

    週末はニデック本社へ行く

    日本を代表する眼科医療機器メーカー、眼内レンズメーカーのニデックは当院でも愛用しており、検査機器の大半をニデックで揃えています。

    新しい医療機器の購入のため、説明を伺うため週末はニデック本社(蒲郡)へ行きます。

    眼科医療機器はすべてがとても高額です。(1000万円を超える医療機器もざらです。)

    単年度で考えるのではなく、複数年度で優先順位を決めて新しい医療機器を買っていこうと思います。

    >>記事詳細

  • 2020.06.04

    白内障手術通算3000件

    2020年6月で白内障手術執刀通算3000件となりました。

    県立岐阜病院で直原先生に医師としての心構えや責任感を教えていただきました。名古屋大学附属病院での下積み後、27歳で白内障手術を執刀開始。超多忙な野戦病院である静岡済生会病院で私の恩師である岡崎嘉樹先生に仕事の全てを教えて戴きました。

    素晴らしい先生との出会いに感謝するとともに、5000件、10000件を目指して今後も精進いたします。

    >>記事詳細

  • 2020.06.03

    トランスファーワイズ、国際送金のユニコーン

    本日の日経新聞に国際送金の仕組みを変えたユニコーン企業、トランスファーワイズの特集が組まれていました。

    現在国際送金の手数料は世界平均6.8%だそうですが、同社サービスで0.7%になるとのことです。

    仕組みが画期的で、A国からB国へ送金したい人と、B国からA国へ送金したい人がいたら、その取引をあわせてA国内、B国内での取引に替えてしまうという技術だそうです。30歳でこの会社を起業したクリスト・カーマン氏は、38歳で利用者500万人を突破したそうです。

    フィンテックによる国際金融の変化がこれからのキーワードになりそうです。

    スクリーンショット 2020-06-03 21.41.27.png

    >>記事詳細

  • 2020.06.02

    アイリーアの硝子体注射キットが新発売

    今月加齢黄斑変性、各種黄斑浮腫、血管新生緑内障の特効薬であるアイリーアのキットが新発売されます。

    IMG_1973.jpeg

    注射器に薬剤が入っているため、バイアルから吸う手間が省かれ、感染のリスクが軽減されます。

    当院でも即採用いたします。

    >>記事詳細

  • 2020.06.02

    個人事業主は自動車を5年目の車検前に売るべきか?

    車検前に売ると、、メリット 少し高く売れる デメリット 短期譲渡所得となり控除が少なくなる

    車検後に売ると、、メリット 長期譲渡所得となり控除が増える デメリット 車検費用がかかる 売却時期が遅くなり価値が少し下がる

    はたしてどちらが得なのか、、。

    >>記事詳細

  • 2020.06.01

    電気自動車

    テスラのモデルSは0-100がたったの2.5秒

    これはガソリン車であればとんでもないスーパースポーツカーのスペックですね。(ブガッティやケーニグセグも2.5秒)

    車の性能を主に私は0-100(時速0kmから時速100kmに至る時間)で評価していましたが、今後電気自動車が出てくると価値観が変わりそうです。

    でも私はガソリン車の音、振動、吹き上げ、トランスミッションの変速感覚とくに(MT)が好きなので、CVTで、無音の電気自動車、しかも自動運転だったら運転している感0で、なんだか興ざめです。

    そんな車社会になってほしくないな。

    >>記事詳細

  • 2020.06.01

    エコーチャンバー効果

    インターネット、SNSが発達するとともに、逆説的であるがより自由で開かれた知識を得ることが出来なくなってきている。

    インスタグラムの検索、amazonのおすすめ、フェイスブックのいいね、フェイスブックの友達機能、cookie を使った追跡広告。youtubeのおすすめ。

    これらすべて、知らず知らずのうちに自分の思考に同質な情報だけしか見えないよう仕組まれている。

    そしてそれを心地よく感じ、自分の偏った思考が増幅されていく。これをエコーチャンバー効果という。

    それを自覚し、ときどきブラウザをプライベートモードにして中立的な情報を得るよう努力が必要。

    >>記事詳細

  • 2020.05.29

    後発白内障

    今日もたくさんの患者さんに来院していただけました。印象に残ったのは、後発白内障の患者さんが4人もいたことです。

    後発白内障とは、白内障手術を行ってから数ヶ月〜数年後に眼内レンズの裏の後嚢という部分に水晶体細胞が増殖して薄く濁り、見にくくなった状態です。

    YAGレーザーにて5分程度で再びレンズが透明になります。当院では後発白内障と診断した時点で即座にレーザーを行いますので、その日のうちに治療が終わり、患者さんにメリットが大きいと自負しています。

    私はYAGレーザーは十字切開という方法が最も合併症が少ないため、その方法を採用しています。年間100件程度行っているので、もう眼科医になってから1000件以上やっていると思います。

    必ず翌日に診察しますので、土曜日以外なら即日レーザー治療いたします。

    >>記事詳細

  • 2020.05.29

    眼瞼下垂手術、その微調整は無料

    当院で多くの患者さんに糸を使った眼瞼下垂手術を行っていますが、もう少しまぶたを上に上げたいという希望がまれにあります。

    そういった場合は1~2針埋没縫合を追加します。(5分程度)

    その時の追加手術代金はいただきません。(診察代のみいただきます。)

    なお糸を使った眼瞼下垂手術は糸を切れば手術前に戻すことができます。(数百例行っていますが、いままで元に戻すことを希望された方はいませんが。)

    >>記事詳細

  • 2020.05.29

    最高のJazzアルバム Kind of Blue

    大学生の頃からジャズが好きで、大学時代はライブハウスに行ったり、レコードを買って飾ったりレコードプレイヤーで聴いたりしていました。

    数百枚アルバムを聴きましたが、ベストは Miles Davis のKind of Blue ですね。1959年のアルバムです。モード・ジャズの最高峰で、緊張感があって、完璧な調和がとれた演奏です。とくに3曲目のblue in greenは名作中の名作で、僕はこの曲を聴いている時、夜、小雨が降っている大都会の自宅の窓からの景色がいつも連想されます。

     

    Kind of Blue のアルバムは市販されているものが数種類あります。何種類か買いましたが、Kind of Blue 50th Anniversary Legacy Edition という輸入盤がもっともノイズ(ホワイトノイズ)が少なく、静かな環境下で聴きやすいことが判明しましたので、このアルバムを買うことをおすすめします。↓

    >>記事詳細

  • 2020.05.25

    アイラミドの院内勉強会

    今日昼にアイラミドという新しい緑内障点眼薬の勉強会を行いました。

    アイラミドはアイファガン、ブリンゾラミドの配合剤になります。βブロッカーが入っていないため、高齢者でも処方しやすい薬だと感じました。

    ミケルナ(カルテオロールとラタノプロストの配合剤)とアイラミドの2剤を処方すれば4剤分の効果があるという説明はとても納得できました。

    緑内障点眼の進歩により、緑内障手術が不要になったら患者さんにとって喜ばしいと思います。

    6月16日新発売と千寿製薬の方から伺いました。当院でも採用を予定しております。

    スクリーンショット 2020-05-25 14.28.00.png

    >>記事詳細

  • 2020.05.25

    アシッドジャズ

    アシッドジャズとは一言で言い表すことが難しいですが、ジャズをクラブシーンで使えるようにアレンジしたものと説明すればいいでしょうか。

    1990年代の古い音楽ですが、最近なぜか私はジャミロクワイを車で流しています。ジャミロクワイのアルバムtravelling without movingを買って、funktionとhightimesを好んで聞いてます。

    >>記事詳細

  • 2020.05.22

    新聞の電子版をいくつか契約している

    電子版であれば世界中の新聞を購読することができます。

    その中で実際私が購読しているのは以下の新聞です。

    ・日経新聞・・紙面と電子版で 5900円/月。日経新聞は日本の新聞の中で最も内容が濃いです。中道右派ぐらいの政治スタンスです。

    ・the japan times・・英字新聞ですが、平素な英語で書かれていますので英字新聞の入り口にぴったりです。 内容はやや薄く、日本在住の英語圏以外の外国人向けでしょうか。900/月と安価です。

    ・newyorktimes ・・アメリカを代表する新聞です。論調はリベラルです。期間限定で2ドル/4週と超安価でした。

    ・the times・・世界最古の新聞です。イギリスの高級紙です。論調は保守です。10ユーロ/月と安価です。

    日本の新聞だけでは内容が偏っていますので、アメリカ、イギリスの新聞を覗くのも面白いと思います。

    ちなみにTIMEという雑誌は以前購入しましたが、非常に単語が難しく、語彙力が相当に高くないと読めません。僕は数ヶ月購読して諦めました。いつか再チャレンジします。

    >>記事詳細

  • 2020.05.21

    ベオビュが新発売

    加齢黄斑変性に対する特効薬であるベオビュが2020年5月25日から日本で発売されます。

    当院でも高い関心を持っており、職員間で院内勉強会を行った後できるだけ早期に採用を考えています。

    薬価は142784円とアイリーア+5000円程度でしたので、今後アイリーアからベオビュへ移行する患者さんが増えそうです。

    加齢黄斑変性は日本人の中途失明原因の第4位で、日本人の70万人が罹患していると推定されています。

    (中途失明原因の1位糖尿病網膜症、2位緑内障、3位網膜色素変性症)

    prkk20200325-1.jpg

    >>記事詳細

  • 2020.05.18

    製薬会社売り上げランキング

    製薬会社の2019年末集計の売上高ランキング 1位ロシュ(スイス)2位ファイザー(アメリカ)3位ノバルティス(スイス)でした。ロシュは618億ドルの売上高とすごい額でした。 スイスが1位、3位なんですね。スイスのGDPが7051億ドルなので、いかにロシュが巨大かということがわかります。>>記事詳細

  • 2020.05.16

    年齢別死因順位

    20代、30代、40代前半の男性の死因の1位はご存知でしょうか?

    答えは自殺です。2位の不慮の事故、悪性新生物と比べてぶっちぎりの1位です。

    https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth8.html

    したがって20代〜40代まではメンタルヘルスに最も気をつけて生活するということが大切なのです。

    この年齢の方は、自殺やうつ病などを除外している保険には絶対加入してはいけないということがわかります。

    (先日掲載したブログの外貨建終身保険は特定疾病保険料払込免除特約に精神疾患が含まれておりませんでした。意図的に外しているのは明らかで、本当に加入者のことを考えた商品設計なのか疑問です。)

    >>記事詳細

  • 2020.05.16

    入るべき保険は収入保障保険だけで良い。

    僕は飛び込みの保険会社や証券会社、広告会社などはすべて断るよう受付に言っていますが、なぜかとある保険会社が院内に来てしまい、面談することになりました。外貨建終身保険の案内でした。

    終身保険とは一生続く生命保険ですが、為替リスク、保険会社の信用リスク、販売手数料が極めて高いなどリスクの高い商品です。

    保険に入る目的は本来家計を支える人の死亡または高度障害による家計破綻というリスクをヘッジすることが目的です。資産形成が目的ではありません。

    したがって保険は掛け捨てが最もシンプルかつリスク、手数料が少ない方法です。

    結婚して子供が生まれた時期はもっとも保障金額を大きくする必要があり、その後必要な額は漸減していきます。

    したがって30〜40代の家庭を持った人が入るべき保険は収入保障保険のみとなります。30代であれば月1万円程度で1億以上の保障が得られるはずです。

    >>記事詳細

  • 2020.05.15

    メディアリテラシー

    マスメディアの中立性、正確性について最近疑問を感じる事が多いです。

    ・マスメディアは情報元をほぼ記載していない。(学術論文やある程度しっかりした本は必ず引用元を記載している。新聞記事を作成したら、記者の名前を最後に記載するとか、情報源を記載するなどできないのか。スペースが問題であれば、デジタル版だけでも記載するべきである)

    ・テレビでTwitterのテロップが連動しているニュース番組がある。(Twitterを検閲して番組の都合の良いTwitter内容だけ記載しているだろうから、世論操作できることになる。)

    ・同様にyahooニュースのコメントも偏っている。(検閲しており、公平な世論を反映させていない。yahooにログインしないと投稿できないというシステムは、個人の考えなどをyahooが把握することになる)

    マスメディアをどう活用するかは個々人にかかっています。利用されないよう、うまく利用するのが難しい問題ですね。

    >>記事詳細

  • 2020.05.15

    ものもらい、まぶたのしこり

    麦粒腫、霰粒腫といったまぶたの感染、しこりの方が昨日はたくさん来られました。当院では診察後即座に処置をして治します。 チクッと少し痛いですが、早く治すための最善の治療を行います。 来院を迷ってる方、なかなか治らない方は是非ご相談ください。>>記事詳細

  • 2020.05.15

    吉田修一の路を読んだ

    台湾新幹線開通とその人間模様を描いた路という作品を読みました。台湾と日本との歴史、関係がよく分かりました。以前台湾に旅行した時懐かしい日本の原風景を感じましたが、吉田修一さんは空気感や、人間の息づかい、情景を瑞々しい文で表現できる作家で、一気に読んで読後感は爽やかでした。5月16日21時からNHKでドラマとして放映されます。 >>記事詳細

  • 2020.05.12

    ロードバイク

    今日は午前中手術を行いました。午後洗車をして、夕方ロードバイクに乗りました。ビアンキにアルテグラDi2を組みこみ、シフト操作がボタンで行えるのでとっても楽です。

    ビアンキのチェレステカラーはミラノの1月澄み切った青空の色を見て現地職人が色を配合するそうです。

    IMG_1925.jpegのサムネイル画像

    >>記事詳細

  • 2020.05.10

    網膜色素変性症の治療~参天製薬が独占契約

    日本の最大手眼科メーカー参天製薬と、米jCyte社とで、2020年5月8日jCellの独占ライセンス契約を結んだとの事です。 網膜色素変性症の治療が硝子体注射で可能になれば、患者さんにとって大きな福音となります。 早期の実用化を期待します。 https://www.release.tdnet.info/inbs/140120200508406907.pdf>>記事詳細

  • 2020.05.10

    まぶしい、眼を開けているのが辛い

    さてなんの病気でしょう? 答えは、、、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)です。

    眼瞼痙攣の患者さんの95%・・まぶしい 眼瞼痙攣の患者さんの92%・・眼を開けているのが辛い  眼瞼痙攣の患者さんの51%・・眼が乾く

    眼瞼痙攣は以上のように多彩な自覚症状を伴いますので、誤診されやすく、いろんな病院、いろんな科をたらいまわしにされるケースが散見されます。

    当院院長は特効薬であるボトックスの認定医であり、眼瞼痙攣の治療を積極的に行っております。

    >>記事詳細

  • 2020.05.09

    好きなクラシック

    外出制限の今、クラシックを聴くのはどうでしょうか。

    クラシックは35歳ぐらいから好きになりました。 戦場のピアニストという映画をみて、ショパンが好きになり、その後天才ピアニストであるマルタ・アルゲリッチを知って、さらにチャイコフスキー、ラフマニノフ、ベートーベンが好きになりました。マルタ・アルゲリッチは魂のこもった、熱のこもった演奏が特徴です。クラシックなんて誰が演奏しても同じだろうと昔思っていましたが、そうではありませんでした。

    ・マルタ・アルゲリッチ チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番、第3番・・情熱的でメロディーが美しい


    ・マルタ・アルゲリッチ ラフマニノフピアノ協奏曲第3番第1楽章、第3楽章・・やはり情熱的で、雄大なロシアを感じる、盛り上がりの迫力が素晴らしい

    >>記事詳細

  • 2020.05.09

    アンテナ分波器

    テレビのコードをアンテナ分波器に置き換えました。するといままで見ることができなかったBS,CSが見れるようになりました。BSのニュース番組は内容がしっかりしています。

    NHKのBS契約していなくても完全な形でHDDレコーダに録画できるのが不思議です。

    私の実家の庭で良い香りがしており、聞くとニオイバンマツリの花の香りだそうです。

    コロナウイルスで様変わりした世の中でも、変わらず咲く花に百人一首の紀貫之の句を思い出しました。

    >>記事詳細

  • 2020.05.08

    世界経済図説を読んで

    世界経済図説(岩波新書2020.4)を連休中読みました。新書のサイズなのにすごいボリュームでした。 気になった点を列挙

    ・日本の医療費支出(対GDP比)10.9% アメリカの医療費支出16.8% アメリカは国民皆保険ではないのになぜ医療費支出がこれほど多いのだろうか疑問

    ・中国の生産年齢人口はすでに減少しつつある

    ・世界の所得水準ごとの所得変化率は先進国低位中所得層の所得が変化していない(1988-2008年、エレファントカーブ)

    ・日本の合計特殊出生率は1.43 で世界184位 韓国1.05で世界202位(最下位)

    ・日本の一次エネルギー消費量は97GJ/人 アメリカは197GJ/人 中国は55GJ/人  GJ =ギガジュール アメリカはどうしてそんなにエネルギーを消費しているのか

    ・石油の確認埋蔵量は1998年1141.2(10億バレル) 2018年1729.7 と増えている   高校の時、石油はあと20年ぐらいで枯渇するから省エネをしなさいと勧められたのは何だったのか、、。

    ・ジニ係数 南アフリカ 0.63 日本0.321  アメリカ0.415  南アフリカの貧富の差は世界最悪。暴動が起きるのも無理はないと感じた。

    >>記事詳細

  • 2020.05.06

    zoom飲み会をした

    いつも長期休暇は高校の同級生と飲むことが多いのですが、今回はコロナのため中止し、代わりにzoom飲み会なるものを6人で行いました。

    パソコンを見ながら談笑する光景ははたから見ると異様で恥ずかしいため、夜中に開催しました。

    IPS細胞で人工肉を作っている同級生、塾と幼稚園を経営している話、設計士として本を出版したなど6人それぞれ様々なジャンルで活躍している話を聞けました。

    zoomは最初の認証に時間がかかりましたが、使い勝手はとても良く回線も安定して接続していました。

    広告もなく、無料で使用できるというサービスはとても魅力的ですね。

    >>記事詳細

  • 2020.05.06

    黒澤明の羅生門

    長期休暇を利用して、自宅で羅生門の映画を観ました。昔観た時、ストーリーが難解で何が真実か理解できませんでしたが、今回は自分の中で理解できました。

    素晴らしかった点

    ・モノクロなのに映像がとても美しく、光やみずみずしさを感じた

    ・カメラワークが斬新で実験的

    ・三船敏郎の無邪気な演技

    ・上田吉二郎の迫真の演技

    ・最後雨が上がって、一筋の希望を感じさせる清々しいラスト

    終戦からたった5年しか経っていない日本でこれほどの素晴らしい映画を作った黒澤、そのキャストたちの情熱に感動します。

    >>記事詳細

  • 2020.05.01

    選定療養下の多焦点眼内レンズ挿入術の問題点

    日本眼科学会における大鹿哲郎先生のweb 講演で、選定療養下の多焦点眼内レンズ挿入術の費用算定方法が示されておりました。それによりますと

    患者さん負担額=多焦点眼内レンズ納入価格-単焦点眼内レンズ納入価格+角膜形状解析検査✕2+コントラスト感度検査✕2+水晶体再建術の自己負担分 とのことでした。

    1例を挙げます。多焦点眼内レンズの納入価格を仮に120000円、単焦点眼内レンズの納入価格を仮に20000円とします。

    患者さんの追加負担額=120000-20000+1050✕2+2070✕2=106240円となります。

    問題点

    1.多焦点眼内レンズを入れるにあたって、レンズの選定、患者さんへのメリット・デメリットの説明等の時間、マンパワーのコストが全く評価されていない点

    2.レンズの納入価格という本来明らかにしない情報を厚生省に把握され、今後通常の白内障手術の評価が下げられる可能性がある点

    3.そもそも選定療養制度自体が、国民皆保険の平等性に反していること。

    4.混合医療を禁止している国の施策に反していること。

    以上問題の多い、選定療養制度だと感じました。私自身、多焦点眼内レンズは焦点深度拡張型の多焦点眼内レンズ(シンフォニー)または低加入度数分節眼内レンズ(レンティスコンフォート)は見え方の質が単焦点レンズと比しほとんど落ちないため許容できますが、それ以外の多焦点眼内レンズはコントラストが落ちるというデメリットがある以上挿入すること自体消極的です。

    >>記事詳細

  • 2020.05.01

    好きな音楽

    非常事態宣言が続く中、音楽を家等で聴くのはどうでしょうか。

    1. Bill Evans trio Explorations ・・ 手術中よく流しています。集中力がupするようです。

    2.Neo Soul というジャンルの曲・・ノリがいいのでドライブに最適。エリカ・バドゥ、ローリン・ヒルが特に好き

    ローリン・ヒルのthe miseducation of Lauryn Hillは名盤

    3 Jamiroquai のHigh Times ,Funktion ・・超かっこいい。ドライブに最適、都会的でクール

    4. Robert Glasper のin my element 、bouble booked black radio・・ジャズ、ヒップホップ、ネオソウルなどが融合されたかっこいい新世代アーティスト、僕が尊敬するMiles Davis をこよなく愛し、彼のサンプリング曲なども面白い

      

    >>記事詳細

  • 2020.04.27

    当院で最も使用している眼内レンズ

    当院で最も使用している眼内レンズはTecnis optiblue(テクニスオプティブルー)です。

    製造元はジョンソンアンドジョンソンで、他社製品に比べ、レンズの透明性が非常に高いことが特徴です。

    また球面収差というレンズの誤差が0であるため、コントラストが高いのも特徴です。

    https://www.surgical.jnjvision.jp/iols/monofocal/tecnis-optiblue#仕様

    >>記事詳細

  • 2020.04.27

    機械卸のリィツメディカル素晴らしい

    機械卸のリィツメディカルは開業当初からお世話になっています。開業時お世話になった高橋さんがエリアマネージャーに、玉腰さんが岐阜の所長に栄転されました。

    優秀な方をちゃんと評価されているリィツメディカルさんはさすがです。プロ意識をもって取り組まれている彼らと一緒に働けることは幸せです。これからもご活躍をお祈りいたします。

    >>記事詳細

  • 2020.04.27

    多焦点眼内レンズの当院の方針

    当院では保険適応となっているレンティスコンフォートを多焦点眼内レンズで採用しており、レンズ代を含めて手術代3割負担で45000円、1割負担で15000円程度です。

    ご希望の患者さんで、多焦点眼内レンズの適応があれば(80歳未満、眼の他の病気が無い、など)使用しております。

    >>記事詳細

  • 2020.04.27

    新型コロナウイルスの影響

    新型コロナウイルスの影響で来院患者さんは2割減少となっています。

    ものもらい、急性結膜炎、角膜鉄粉異物、外傷など急性期疾患の割合が増えています。

    逆にコンタクトレンズ処方、花粉症などの患者さんは減っています。白内障手術予約は減ってきており、現在1ヶ月待ち程度です。

    仕事が休みのうちに手術をしてほしいという患者さんが最近ちらほらいらっしゃいました。

    逆に白内障手術を延期してほしいという患者さんも数名いらっしゃいました。

    点眼薬やコンタクトレンズの納期はほぼ影響を受けておりません。

    手術用ガウン、ドレープ類、マスクといった衛生材料は品薄ですが、当院では確保できています。

    >>記事詳細

  • 2020.04.21

    日本電産会長 永守氏のメッセージ

    本日の日経新聞一面に日本電産会長永守重信氏のインタビューが掲載されていました。

    その中で心に響いた永守氏の発言 「今はキャッシュイズキング、企業の買収価格が3割下がっているとしても、現金の価値は5倍や10倍に高まっている。安易な投資はしないほうがいい」

    現金の価値がその時々で大きく変動することは大学時代、モノポリーというボードゲームを同級生たちと行った時知りましたが、まさにそれを実社会で感じる昨今です。

    >>記事詳細

  • 2020.04.21

    幸福な人生の秘訣

    ハーバード大学教授のロバート・ウォールディンガー氏の研究によると、

    1938年から続く、700人の人生を記録するハーバード大学の研究で、幸福な人生の秘訣が判明。

    1.人と繋がりが強い人は幸せで健康、かつ長生きをする

    2.人間関係の量ではなく、質が重要

    3.良い人間関係(いざというときに頼れる関係)は脳の老化が進みにくい

    とのことでした。いい人間関係を作り、保つことを意識して明日から行動しましょう。

    >>記事詳細

  • 2020.04.19

    全盲のIBMフェロー浅川さん

    2021年日本科学未来館の館長に就任される、浅川智恵子さんは小学生にプールでけがをして全盲になりました。

    兄弟に教科書を読み上げてもらい勉学に励み、IBMに入社。

    そこでウェブサイト読み上げソフトを開発、視覚障害者がインターネットにアクセスする道を開きました。

    2009年からIBM技術職の最高位IBMフェローに就任され、現在も第一線で活躍されています。下記リンク参照

    https://digitalcast.jp/v/23639/

    眼科医は疾患を治すことが仕事ですが、治せない疾患に遭遇することが時々あります。そうした時日頃実践できる最善の方法を示したり、世界で行われている最新の研究についてお話ししたりと患者さんに希望を与えれる医師を理想にしています。この浅川さんのニュースは私に大きな希望に映りました。

    >>記事詳細

  • 2020.04.15

    双眼倒像鏡を更新

    Heine の双眼倒像鏡をHC50Lに変更しました。眼底検査に欠かせない道具です。

    キセノンハロゲン光源からLED光源に変わり、とても眼底が鮮やかに観察できるようになりました。

    今回壊れて買い替えましたが、もっと早く買えばよかったと思える医療機器でした。

    >>記事詳細

  • 2020.04.14

    家でみたい映画

    コロナウイルスのせいで家で自粛ムードですが、そんなときは映画かなと、私の好きな映画をご紹介

    1.ゲーム マイケル・ダグラスがすごくカッコいい。あんなダンディーな年のとり方をしたい

    2.ファイトクラブ ブラッド・ピットがカッコいい。映像や内容が凝ってます

    3.メメント 3回ぐらい見てやっと内容がわかった

    4.ブレイキング・バッド 高校教師が大物になっていく話

    いずれもサスペンスでジャンルが偏っていますが、どれもびっくりする内容の映画です、、、。

    >>記事詳細

  • 2020.04.13

    ステロイド点眼は怖いかという疑問

    ステロイド点眼が怖いという問い合わせをたまに患者さんから聞きます。

    それの答え、、「適切な患者さんに適切な強さのステロイド点眼をすれば怖くありません。」

    炎症とは異常にプロスタグランジンやロイコトリエンといった炎症物質が集まっている状態です。

    これらの炎症物質を正常値まで減らすいわば中和させる薬がステロイドです。

    完全に中和すれば副作用は理論的には出ません。それを見極めていく仕事が眼科医の仕事です。

    >>記事詳細

  • 2020.04.13

    正しい目薬の指し方

    1.上を向いて目薬を1滴だけさします

    2.軽く目を閉じて目頭の少し下を圧迫します(3分程度)涙が鼻腔へ流れるのを防ぐため

    3.点眼が2種類ある場合は5分空けてさします

    (塩化ベンザルコニウムが添加されている目薬はコンタクトを外してから点眼すること)

    >>記事詳細

  • 2020.04.09

    新型コロナウイルス対策、空気清浄機を更に設置

    外来待合室に新型コロナウイルス対策として空気清浄機blueairを2機設置しました。

    0.1μmのコロナウイルスなどをイオナイザーを通過する際にマイナス帯電させ、プラス帯電した多層フィルターで99.97%捕捉させます。

    >>記事詳細

  • 2020.04.05

    先輩のクリニック見学

    昨日は先輩のクリニックを見学させてもらう為に多治見へ行きました。新しい検査機器、広角眼底カメラがとても役に立つと伺いました。開院7年経ち、器械の減価償却も終わってきているので今後新しい器械の導入を考えていきます。素晴らしい先輩をたくさん持てて色々学ばせて頂き名大の先生方に感謝です。>>記事詳細

  • 2020.04.02

    寒いですが、院内換気してます

    新型コロナウイルスの院内感染予防として、寒いですが常時換気しております。

    >>記事詳細

  • 2020.03.30

    志村けんさん。死去

    幼少期からの僕のアイドルでした。 ドリフターズ、カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ、志村けんのだいじょうぶだー。 悲しすぎて、言葉になりません。 ご冥福をお祈りいたします。 >>記事詳細

  • 2020.03.27

    加齢黄斑変性の最新治療薬ベオビュが承認

    2020.3.25 ノバルティスのプレスリリースによれば、日本で加齢黄斑変性の最新治療薬ベオビュが承認されたとのことです。

    https://www.novartis.co.jp/news/media-releases/prkk20200325

    このベオビュは現在最も効果が高いアイリーアよりもさらに効果が期待できるとのことです。

    またルセンティスのジェネリックも千寿製薬から近々発売予定とのことです。どちらも当院で採用予定です。

    できるだけ安価、かつ長く効く薬の開発が今後も望まれます。

    >>記事詳細

  • 2020.03.25

    白内障手術は怖くないですよ

    白内障手術が怖いから受けたくないというお声を時々聞きます。

    白内障手術は怖くないですよ。以下が理由

    理由1.手術中何も見えません。顕微鏡の光がまぶしいから。

    理由2.点眼麻酔のため注射を使いません。

    理由3.メスの刃先は2mmちょっとで使い捨てのメスのため痛みを感じません。

    理由4.10分以内で終わります。

    理由5. 成功率が極めて高い手術です。

    >>記事詳細

  • 2020.03.24

    テレビ番組の劣化

    テレビで連日コロナウイルスの話題が挙がっています。

    私は1日30分ぐらいしかテレビを見ませんが、テレビ番組の劣化には辟易とします。

    昼のニュースにお笑い芸人が司会者をして、ゲストもお笑い芸人。五輪延期を早く決めろという趣旨をただ延々と30分喋っていました。

    昼もそうですが、夜のニュースも、現場で取材をしないで与えられた原稿を棒読みするニュースキャスター、とくに報道ステーションは昔からだめですね。

    BS夜22:00-の国際報道2020が一番見ごたえがありますので、録画して夜中に早送りして見ています。この方法が最もおすすめです。

    >>記事詳細

  • 2020.03.24

    最近は新書を読んでます

    私は読書が大好きで、暇を見つけて月5冊ぐらいは読むようにしていますが、新書は持ち運びが楽でよく読んでいます。

    新書でもいろいろな出版社があります。

    中公新書は装丁も素敵で、文章に重みがあり好んで読んでいます。

    文春新書は少し内容が軽いですがテーマが面白いです。

    岩波新書はものすごく重くて難解、読みにくいイメージです。

    これらの新書が書架にズラーッと並んでいたらカッコいいなって思います。

    >>記事詳細

  • 2020.03.23

    日本眼科学会総会がweb形式になり、専門医の点数が大盤振る舞い

    4月に東京で開催予定だった日本眼科学会総会が中止となり、インターネットで視聴する形式になりました。初めての試みとのことですが、やはり生で講演を聴くのとインターネットで見るだけでは全然脳へのインプット量が違うと思います。個人的には学会を開催してほしかったです。

    眼科専門医制度は5年で100単位取ると更新できるという点数制度なのですが、学会では通常1日参加して3点です。

    今回のweb講演は1万円払って1回webにログインした時点で12点もらえると通知されました。これは点数を大盤振る舞いしすぎです。

    いかに今回がコロナウイルスで特殊な事情とはいえ真面目にこつこつ学会参加していた専門医がバカを見る制度はいけません。

    専門医制度という名のもとに集金制度化していないか危惧します。

    >>記事詳細

  • 2020.03.17

    白内障手術の待ち状況

    2020年3月時点で白内障手術は2ヶ月待ちとなっております。免許更新が近い人は早めにご来院ください。

    >>記事詳細

  • 2020.03.16

    点眼薬の特定使用成績調査

    点眼薬がどのくらい効いているか調査する特定使用成績調査を当院で行うこととなりました。点眼薬の発展に少しでも貢献できたら幸いです。

    >>記事詳細

  • 2020.03.16

    「キャッシュレス生活、1年やってみた」を読んだ

    週末上記の本を読みました。キャッシュレスについての昨今の最新情報が網羅されておりました。

    新札が発行される2024年までに日本をキャッシュレス化するべく国が動いているそうです。当院ではまだキャッシュレス決済を導入しておりませんが、今後検討課題とします。

    >>記事詳細

  • 2020.03.12

    原油が異常に安い

    ここ数日原油価格が暴落しています。サウジアラビアとロシアの価格カルテルが破綻したからとのことですが、コロナウイルスによる原油需要の低下も原因として挙げられると思います。

    >>記事詳細

  • 2020.03.12

    読書 発達障害

    発達障害(文春新書 岩波明)という本を読みました。DSM-5で発達障害のカテゴリーにADHD(注意欠如多動性障害)とASD(自閉症スペクトラム障害)が含まれていて、ASDの中にアスペルガー症候群が含まれているという基本的な概念を理解できました。またASDの診断基準が示されており、空気を読めない人=アスペルガーと短絡的に決めつけている風潮、マスコミの問題を指摘されていて、大変興味深い本でした。

    眼科だけでなく、他の科の疾患を理解することは医師として重要であり、今後も時間のある限り勉強しなければいけないと感じました。

    >>記事詳細

  • 2020.03.11

    10年使った双眼倒像鏡が壊れた件

    毎日のように使用していた双眼倒像鏡Heine omega500 が壊れました。立体的に、詳細に眼底が観察できる検査機器で、28Dのレンズと一緒に愛用していました。修理の手配をしたら2日後に代替品が届き、そのアフターサービスの速さに感動しました。

    やっぱりドイツ製品は耐久性がすごいです。

    >>記事詳細

  • 2020.03.04

    学童期の近視抑制に関するEBM

    日本眼科学会専門医制度生涯教育講座で学童期の近視力抑制効果について記載されておりましたので、抜粋します。

    近視の原因は近業時の調節ラグ、周辺網膜での焦点曲面の食い違いによる網膜後方へのデフォーカスが原因。

    PALレンズは近視抑制率15%

    RRGレンズのMyoVisonは近視抑制効果なし

    PA-PALレンズは近視抑制率20%

    DIMSレンズは近視抑制率52%、香港と中国で実用化(MiyoSmart HOYA社)

    コンタクトレンズのDISCは近視抑制率59%、欧州で実用化(MySight Cooper Vision社)

    オルソケラトロジーは無作為化比較試験が困難でエビデンスが不十分

    低濃度アトロピンはLAMP study で近視抑制率27%、日本の7大学共同研究(ATOM-J)で近視抑制率15%

    >>記事詳細

  • 2020.03.01

    先輩方との夕食会

    昨日は眼科の先輩方と夕食会を行いました。年間1000件白内障手術をされている先輩のお話はとても新鮮で勉強になりました。現状に満足せず、高みを目指して頑張ろうと気持ちを新たに明日からも診察します。

    >>記事詳細

  • 2020.02.28

    花粉症の点眼、内服、点鼻薬、軟膏

    スギ花粉が相当飛散しています。

    当院では点眼薬だけでなく、眼の周りに塗る軟膏、花粉症の内服薬、点鼻薬、花粉用のメガネなど色々なものを処方しておりますのでお気軽に相談してください。

    >>記事詳細

  • 2020.02.28

    院内勉強会〜ガチフロ

    本日は抗菌点眼薬のガチフロについて院内勉強会を行ないました。

    ガチフロは作用機序がDNAジャイレース、DNAトポイソメラーゼ4の2経路あるため他の抗菌剤より耐性菌を作りにくいという事でした。白内障手術の周術期でのガチフロ点眼使用を今後検討しようと思います。

    >>記事詳細

  • 2020.02.27

    1本1億円以上の薬が日本で承認との報道

    先日ブログでも書いた、ゾルゲンスマが2020/02/26の日経新聞でトップ記事で記載されていました。

    1本1億円以上の注射が、厚生労働省で承認するとのことでした。医療費の公平性の問題、医療経済の永続性の問題、新薬に対する薬価の設定の仕方の問題、日本国の国富が海外へ吸い取られていくという問題、さまざな観点から検証すべき課題です。ゾルゲンスマ1本の注射・・・1.2億円で1000人白内障手術が受けられます。功利主義のベンサムはどう考えるのか聞いてみたいです、、。

    >>記事詳細

  • 2020.02.25

    ハンドドライヤーは不衛生

    公衆トイレなどでよくみかけるハンドドライヤーですが、私は不衛生だと思っています。ハンドドライヤー内側の残った汚い水が飛び散ります。できるだけ使い捨てのペーパータオルを置いて欲しいですね。

    >>記事詳細

  • 2020.02.25

    2種類の眼瞼下垂手術を同時手術する件

    眼瞼下垂手術で重症な場合、皮膚側から手術をし、そのままさらに結膜側からの挙筋短縮術を追加します。

    重たいまぶたの症例に良い適応かと考えています。眼瞼下垂の手術は即座に結果が分かるので、術中に確認して下垂が残っていれば追加手術をそのままする方が別の日に手術に来てもらう手間がなく患者さんのメリットが有ると考えています。

    >>記事詳細

  • 2020.02.21

    院内感染予防策

    コロナウイルス、インフルエンザウイルスの流行に伴い、当院では空気清浄機のblueair、アルコール消毒剤のラビショット、持続性アルコール消毒剤のEtak、使い捨てのペーパータオル、感染隔離室の設置をして、院内の細菌、ウイルス感染の予防をしています。

    >>記事詳細

  • 2020.02.20

    目薬はコンタクトの上からさしていいか?〜添付文書を検索しましょう

    よく聞かれる質問ですが、塩化ベンザルコニウムという防腐剤が入っている点眼薬はコンタクトレンズを変質させるためコンタクトレンズの上からさすことはできません。

    製品にどんな防腐剤が入っているかを調べるときは、薬剤名+添付文書 とインターネット検索すると良いでしょう。「添付文書」 が薬の正式な使い方の説明書です。

    わからない場合はお気軽に主治医に聞くと良いでしょう。

    >>記事詳細

  • 2020.02.18

    googleの入社試験の答え

    英語のスペルで、 ten,nine,sixty,ninety,seventy,sixty sixと文字がひとつずつ増えるため、次の文字は9文字である。

    ここで3文字はone,two,sixがあるのにあえてtenを出しているということは、文字数が一つずつ増えていく数列で、かつ最も数の大きいものを選んだ列ということである。

    したがって、次に来る文字は最も大きい数のスペルが9文字→ninety six つまり96が答え。 しかしこれではだめなのがgoogleの入社試験。

    googleの社名の由来はgoogol=10^100 (10の100乗)

    したがって、答えは one googol これも不正解。 最大の9文字なので 真の正解はten googol=10^101 です。とんでもなく難解な問題ですね。 

    今日読みはじめた、「Are you smart enough to work at google? 」という本から抜粋。 

    >>記事詳細

  • 2020.02.18

    googleの入社試験

    10,9,60,90,70,66 「次に続く数字は?」

    という問題がgoogleの入社試験で出されました。わかりますか?

    >>記事詳細

  • 2020.02.17

    院内消毒 コロナウイルス対策

    当院ではコロナウイルスによる院内感染対策として、持続的にウイルスを死滅させるEtakにて院内すべてを定期的に消毒することとしました。

    コロナウイルスは飛沫感染と接触感染が現在疑われています。頻繁な手洗い、アルコール消毒が大切です。

    >>記事詳細

  • 2020.02.16

    ドライアイ研究会に参加その2

    学んだことを列挙します

    眼瞼痙攣から糸状角膜炎が発症することあり。ボトックスで治癒

    低含水ソフトコンタクトレンズはティアメニスカスが上昇する

    ソフトサンティアはホウ酸が入っている

    329人のRCT(ランダム化比較試験)でオメガ3内服はドライアイに効果が全く無かった N ENGL J MED 2018

    涙点プラグはパンクタルプラグF、eagle one プラグが良い

    中枢性眼痛にリリカ、サインバルタ内服が効く場合あり

    名古屋大学附属病院勤務時代にお世話になった豊橋の藤井先生とお話でき、先生のご活躍ぶりを伺うことができ、勉強になりました。

    >>記事詳細

  • 2020.02.16

    ドライアイ研究会に参加

    本日は東京でドライアイ研究会に参加しました。学んだ事を列挙します。

    ドライアイは涙液層破壊時間と摩擦に着目することが大事

    眼瞼下垂に糸状角膜炎を合併症例、眼瞼下垂手術で改善

    点状表層角膜炎は角膜乱視を引き起こす事がある

    マイボーム腺炎にミノマイシン内服が著効

    ドライアイはソフトコンタクトレンズ装用者の83%に存在

    良いコンタクトレンズは、、周辺レンズが薄く、低含水、弾性率が低く、滑らかなレンズがいい

    >>記事詳細

  • 2020.02.14

    学校保健安全委員会に出席

    昨日は西小学校の学校保健安全委員会へ出席しました。

    学校検診後の医療機関受診率が70%台と相変わらず低く、保護者の関心の低さが議題で取り上げられていました。

    受診率の目標値を設定してそれに向けて取り組んでいくよう要望しました。

    >>記事詳細

  • 2020.02.14

    手術枠の拡大

    現在白内障手術は2ヶ月待ちとなっています。

    ゴールデンウィーク等で手術予約日が遅くなる傾向にあるため、半日10件できるよう手術器具のセット数を

    をさらに増やしました。

    >>記事詳細

  • 2020.02.11

    梅原大吾 勝ち続ける意志力を読んだ

    彼はプロゲーマーの世界一なのですが、ある日突然youtubeのおすすめに出てきたので動画を見て、その後著作を読みました。

    その道を極めるためにはひたすらに努力が必要で、成長に着目することでそのモチベーションを保つということでした。それを実行し続けることはすごいことですね。

    あまり評価されないゲームの世界でプロの道を切り開いた精神力は尊敬です。

    >>記事詳細

  • 2020.02.09

    花粉が飛んでます

    院長も軽い花粉症のため、スギ花粉が飛散しているのを実感しています。

    はやめに点眼をおすすめします。眼の周りがかゆい時は温めず、冷やしてください。眼の周り用の軟膏が良く効きます。ご相談ください。

    一度に大量に吸い込むと風邪のような症状が出ることがあります。(頭痛、喉の痛み、発熱)花粉症の方は長時間の外出時はマスク、ゴーグルをおすすめします。

    >>記事詳細

  • 2020.02.06

    kindle は買わない方がいい

    kindle は眼に優しい電子書籍リーダーという事でkindle を買ってみましたが、結果的に全く使えませんでした。

    画面が暗く、モノクロが見にくくストレスだけ溜まりました。

    自分が使いたくなくなったので、子供のおもちゃになるかと子供に使わせようとしても子供も嫌がります。

    自分がなぜkindleを買ってしまったのだろうと、反省しました。

    買うならipad です。

    >>記事詳細

  • 2020.02.06

    さかまつげの手術

    さかまつげの治療はたくさんの方法があります。

    1.まつげを抜く・・最も一般的に日常診療で行う方法ですが、まつげは1ヶ月程度でまた生えてきますので毎月抜くことになります。

    2.まつげ電気分解・・まつげの根を電気で分解する方法です。15分ぐらいで終わります。麻酔がやや痛いです。1度にすべてを処理するのは不可能で、完全に治すには2-3回行う必要があります。時々希望者に行っています。

    3.手術・・まぶた自体が内側に反っている場合手術をします。糸で縫う方法と切る方法があります。以前は皮膚を切る方法を好んで行っていましたが、最近糸で縫う方法の私の術後成績がとても良いため専ら糸で縫う方法を選択しています。

    >>記事詳細

  • 2020.02.05

    airpods proがすごいという件 音楽を流さずに使う話

    よく音楽を気分転換したい時、運転時聴いていますが、(ビル・エバンス、ラフマニノフ、チャイコフスキー、ジャミロクワイ、エリカ・バドゥなど)airpods proをよく使っています。そのノイズキャンセリング効果はすごく、原理は外部のノイズと逆位相の音を出して打ち消すというものです。

    最近これを応用して、音楽を流さずにノイズキャンセリングだけONにしています。すると防音室にいるような感じで無音状態で書類仕事に集中できます。よろしければみなさんも使ってみてください。

    >>記事詳細

  • 2020.02.04

    マスク不足

    新型コロナウイルス感染症のため、マスクが全国的に不足しています。

    よくクリニックで利用しているアスクルは全て欠品、薬、消耗品の卸業者でも欠品でした。

    アマゾンではマスク1箱1万円とぼったくり価格になっていました。

    はやく収束してほしいですね。

    >>記事詳細

  • 2020.02.03

    教授戦

    今年は名古屋大学眼科の教授戦、岐阜大学眼科の教授戦があります。4月からどうなるのでしょうか。

    >>記事詳細

  • 2020.02.03

    多焦点眼内レンズが先進医療から削除されます

    現在多焦点眼内レンズが先進医療となっておりましたが、4月から先進医療から削除されることとなりました。

    https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000576447.pdf

    削除される理由は以下のリンクの通りです。術後の患者満足度で不満割合が4.1%、眼鏡がときどき必要25.4%、いつも必要3.1%という421人の結果が削除の根拠として引用されていました。

    https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000576448.pdf

    保険適応の多焦点眼内レンズ(レンティスコンフォート)もありますし、今後もどんどん登場すると思われますので、慌てて手術を決めないでいただきたいと思います。

    >>記事詳細

  • 2020.01.30

    ゲノム編集遺伝子治療

    東北大学医学部の西口准教授らが全盲の網膜変性マウスにアデノ随伴ウイルスを投与したら、視力が正常の6割まで回復したとの論文をnature communications に発表しました。 

    報道記事 http://www.qlifepro.com/news/20200129/genome-editing.html

    原文 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31980606

    網膜色素変性に対する画期的な治療になる可能性があり、今後に期待したいと思います。

    >>記事詳細

  • 2020.01.30

    「都市型災害を生き延びるサバイバルプラン」を読みました

    上記の本を読み、命の五要素と優先順位が心に残ったので記載します。

    人が生きのびるための要素は5つある。「空気、シェルター、水、火、食料」

    それぞれの要素にタイムリミット(無いと死んでしまうリミット)がある

    空気・・3分 シェルター(体温)・・・3時間  水・・3日  火・・(?) 食料・・3週間

    従って防災バッグに入れるべきものは防煙マスク、肌着、新聞紙(くしゃくしゃに丸めて服に詰めると防寒着になる)、大量の水(1日あたり2リットル)とのことでした。 

    >>記事詳細

  • 2020.01.29

    20分でわかるアレルギー検査はじめました

    指先からの採血(数滴)で、スギやダニアレルギーなど8種類を調べることができます。

    今までの腕からの採血では結果に2日ほど要しました。

    今回の検査キットで採血の苦手なお子さん、結果を早く知りたい多忙な方などに朗報となるのでは考えています。

    >>記事詳細

  • 2020.01.29

    小学生のインフルエンザ予防接種率について

    岐南町の学校保健安全委員会に出席しました。

    岐南町のある小学校のインフルエンザ予防接種率は44.3%でした。

    インフルエンザの予防接種は重症化を防ぐという意味においても、集団を守るという意味においてもできるかぎり全員が接種すべきです。

    >>記事詳細

  • 2020.01.28

    1月の手術件数

    白内障手術      26件 

    眼瞼下垂症手術    11件

    アイリーア硝子体注射  4件     計41件でした。

    >>記事詳細

  • 2020.01.27

    低濃度アトロピン点眼の臨床試験継続中

    参天製薬が2019.8~2023.12まで低濃度アトロピン点眼(DE-127)の近視抑制効果について治験を日本で行っています。

    https://rctportal.niph.go.jp/s/detail/jp?trial_id=JapicCTI-194899

    現在当院では近視抑制目的で低濃度アトロピン点眼(マイオピン)をシンガポールから個人輸入している状況ですが、この治験の結果が良ければ日本において保険診療で使用できるようになる可能性があり、とても期待しております。

    >>記事詳細

  • 2020.01.24

    スギ花粉が飛散し始めています

    ここ2週間ぐらい眼がかゆい患者さんが増えてきています。耳鼻科の先生と意見交換しましたが、やはりスギ花粉が飛散し始めているようです。今年早いのは暖冬だからかもしれません。早めの点眼をおすすめします。当院では点眼、眼軟膏、点鼻薬、内服など色々扱っております。

    >>記事詳細

  • 2020.01.23

    Eメールの整理について

    迷惑メールの対策としてGmailのフィルタリングは非常に優れています。

    そこで私の使用しているメールアドレス5つぐらいをすべて1つのGmailに転送して一括管理するようにしました。

    メールの転送サービスは無料なので一度試されると良いと思います。Gmailはアーカイブやミュートという機能があり、メールを削除せず、受信フォルダから消すことができるので整理するのに便利です。

    >>記事詳細

  • 2020.01.21

    googleアラートをオススメします

    皆さんは「googleアラート」を知ってますか?

    自分が登録したキーワードのネット検索結果を自動的に決められた時間にメールで送ってもらえるサービスです。

    もちろん無料です。今年は網膜色素変性の患者にiPS細胞の移植が予定されていますので「iPS」「網膜色素変性」と言ったワードを最近登録しました。ネットサーフィンは検索効率が悪いので、google アラートを活用すると良いと思います。

    >>記事詳細

  • 2020.01.20

    ベイズ統計学と人間ドック、緑内障について

    私はある検診施設の読影を依頼されており、年間数千人の眼底写真を読影しておりますが、視神経乳頭陥凹、視神経線維層欠損は緑内障の特徴として特に注意をして観察しています。

    緑内障の有病率が検診者の5%、緑内障の人が精密検査になる確率を95%、緑内障でない人が精密検査になる確率を15%と仮定します。するとベイズ推定で「精密検査になった人の中で実際緑内障だった人」の確率は25%と計算できました。以下計算です。

     P=0.05×0.95×100/(0.05×0.95+0.95×0.15)

    緑内障である確率が検診を受けなければ5%で、検診を受けたら25%に上昇したととらえることもできますが、75%は正常とだったいうことであり、思った以上に確率が低く衝撃的でした。

    >>記事詳細

  • 2020.01.20

    ベイズ統計学

    今日「ベイズ統計学入門 ダイヤモンド社」という本をかじり読みしました。ベイズ統計学による推定は現在グーグルやマイクロソフトを始めとしてあらゆるネット系企業で利用しています。これを使うことで例えば「バレンタインのチョコレートは本命か、義理か」 とか「お店のお客さんは冷やかしか本当に買う人か」ということを推定できるようになるという、とても興味深い内容でした。

    >>記事詳細

  • 2020.01.18

    新しい看護師の採用

    本日看護師を1人採用しました。手術業務が好きとの事でしたので、嬉しい限りです。

    >>記事詳細

  • 2020.01.17

    Kanski's clinical ophthalmology ninth edition

    予約していたKanski clinical ophthalmology(眼科の世界的に有名な教科書)の最新改訂版が届きました。

    941ページとすごいボリュームですが、少しずつ読んでいこうと思います。

    コードを入力するとebookとしてipad やパソコンでもKanskiを閲覧することができます。私のipad proで開くととても見やすかったので新しい時代の到来を感じました。

    >>記事詳細

  • 2020.01.15

    眼内レンズの製造方法

    眼内レンズの製造方法には大きく分けて2つの方法があります。

    1. モールディング製法・・鋳型にレンズを流し込んで製造する方法

    2.レースカット製法・・レンズを塊から削り出す方法

    当院ではグリスニング現象の生じないレースカット製法のレンズを採用しております。

    >>記事詳細

  • 2020.01.15

    緑内障点眼薬エイベリスの勉強会

    本日はお昼に緑内障の点眼薬であるエイベリスの院内勉強会を行ないました。

    白内障手術をした眼、タプロス点眼中の眼には、エイベリスは黄斑浮腫の副作用があり使用できないとのことで、点眼は比較的若い患者さんに限られるかと感じました。当院で既に20種類の緑内障点眼を採用しており、エイベリス点眼を採用するか検討中です。

    >>記事詳細

  • 2020.01.14

    近視研究会に入会

    慶応大学が中心となって活動している近視研究会に入会しました。最新の近視に対する予防、治療方法を提供していけたらと思います。

    >>記事詳細

  • 2020.01.14

    一人あたりの医療費と寿命について

    今日の日経紙面で一人あたりの自治体別医療費ランキングが掲載されていました。一言でまとめると西高東低、すなわち西日本が一人あたりの医療費が高く、東日本が低い結果でした。(長崎市が130万円に対して新潟県十日町市は64万円)気になったため、厚生労働省のホームページから自治体別寿命ランキングを調べました。https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/ckts15/dl/ckts15-04.pdf

    結果は寿命が長い自治体は東京、大阪、神奈川の大都市が上位を占めていました。(神奈川県横浜市 83.3歳)対して寿命が短い自治体は東北地方がほとんど上位を占めておりました。(青森県東津軽郡77.6歳)

    上記から考察すると、都会ほど早期に医療機関へ受診できるため寿命が長く、東北は医療機関が少なく、受診できずに(医療費を使えずに)亡くなるケースが多いのではと私は推察しました。西日本が一人あたりの医療費が高いのにも関わらず寿命が長くないという事実は、寿命を伸ばすことが大きな目標である医療費を効率的に利用していないということであり、限られた医療資源の効率的な配分をするための詳細な分析が必要と思います。

    >>記事詳細

  • 2020.01.11

    マイボーム腺機能不全に対するマクロライド系内服

    本日は名古屋で勉強会がありました。

    重症眼瞼炎に対してマクロライド系内服薬(クラリス)を5週間行い著効したとの講演はとても興味深いものでした。

    その作用機序が殺菌作用に加えて細菌による脂質分解を抑制する事による抗炎症効果を話されておりました。

    眼瞼炎に対して早く保健適応されると良いと感じました。

    >>記事詳細

  • 2020.01.09

    ビジネス用おすすめipadアプリ

    ipadプロを先日買いましたが、下記の3つのアプリが特に秀逸ですので、おすすめします。

    calendars5 by readdle 一覧性に優れたスケジュール管理アプリです。

    things とても使いやすいTodoアプリです。

    evernote 言わずと知れたいろいろな記録ができるアプリです。

    キーボードは純正のsmart keyboard folioがとても使いやすいです。

    ipadプロは動作がとても早くタイムラグがなく快適です。あまり重くなかったのでipad pro12.9インチ がおすすめです。手書きよりキーボード入力の方が速いのでapple pencilは買わなくて良かったなと思っています。

    >>記事詳細

  • 2020.01.08

    議員の公開資産の新聞記事

    日経新聞のゾルゲンスマの記事の下に参議院議員の公開資産が掲載されておりました。

    過半数の議員は金融資産0 と記載されておりました。 金融資産に普通預金は含まれておりません。これで資産を公開したと言えるのでしょうか。「議員は資産を持っていないです、庶民の代表ですよ」というアピールが目的なのでしょうか。新聞を表面的に見るだけではなく、新聞をきっかけにして自分で深くその記事の意図や背景を考えなければならないと再認識しました。

    >>記事詳細

  • 2020.01.07

    薬価2億円超の薬 ゾルゲンスマ

    今日の日経新聞でゾルゲンスマが日本で保健適応されそうだという記事を1月7日の日経新聞で読みました。

    ゾルゲンスマは脊髄性筋萎縮症という遺伝性疾患に対する新薬で、注射1本がアメリカで2億3千万円というとてつもなく高額な値段になっています。

    日本での薬価は少なくとも1本1億円以上になるとのことでした。値段設定が非常識過ぎて閉口します。株式会社である製薬メーカーはしっかりと原価(製造コスト、開発、販売コスト)を明示して暴利ではない事を証明してほしいと思います。特効薬が1つしかない場合、どれだけの値段をつけても患者さんは買わざるを得ないという状況はある種の独占で、資本主義の成れの果てであると感じました。

    >>記事詳細

  • 2020.01.01

    あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます。今年も岐南眼科をよろしくお願いいたします。

    今年はさらに手術に力を入れて行こうと思います。

    さて私事ですが、毎年1月1日は新聞をたくさん買うこととしています。1月1日の新聞は平日の3倍ぐらいのボリュームがありお得ですので、今日は朝コンビニで3紙購入してきました。新聞は大体文庫本1冊の活字量と言われていますので文庫本9冊分ぐらいになりますね。

    1月2日は私の好きなmacの初売りです。1日限りで金券が結構もらえるようです。

    >>記事詳細

過去の記事を見る

pagetop