画面サイズの変更

多焦点眼内レンズにおける先進医療について

院長ブログ

院長ブログ

多焦点眼内レンズにおける先進医療について

  • 2019.10.24

    先進医療とは保険給付の対象とすべきものであるか否かについて評価が定まっていない「評価療養」です。

    多焦点眼内レンズの一部製品が先進医療となっておりますが、2020年4月の診療報酬改定でどう扱われるかが注目されるところです。

    個人的な意見では、多焦点眼内レンズの手技は単焦点眼内レンズの手技とほぼ同じで難易度が変わらないため、保険給付の対象とすべきではないかと思っております。

    むしろトーリック眼内レンズの方がよほど手技が煩雑なので、現状の同じ保険点数で評価されていることに疑問を感じます。

  • « 前へ院長ブログ一覧次へ »

過去の記事を見る

pagetop